友人の話。

子供の頃、夜更かしをしていると、よくこう言って叱られたという。

『早く寝ないと山からモッコとムッコが下りてくるよ。彼奴ら怖いからね。捕まったら皮剥かれて食べられちゃうよ』

子供心に恐ろしいモノだと認識していたのだが、どんな姿をしているのだろうと長いこと疑問に思っていた。

先日里帰りした折、顔見知りの小母さんと世間話していると、モッコとムッコのことが話題に上った。

友人:「どんなモノノケなんだろうって、小さい時から不思議なんですよ」

彼が何の気無しにそう漏らしたところ、小母さんはあっけらかんと答えた。

小母:「あぁモッコかい。蒙古のことだよ」
友人:「蒙古って、元寇の時攻めてきた、あの蒙古のことですか?」

驚いて問い返すと、改めて教えてくれた。

小母:「そう、その蒙古。こっちのお国言葉で訛っちゃって、モッコになったのね。ちなみにムッコっていうのは剥くって言葉が変形したんだって、学校の先生に聞いたことがあるわ。蒙古が皮を剥くで、モッコとムッコになった訳」

彼は呆れたような顔でこの話をしてくれた。

友人:「うちの実家って東北の山奥なんだぜ。そんな遠い場所で妖怪になるなんて、奴らどんな暴れ方をしたんだろうな」