地元のキャンプ場の話。

俺の小学校では5・6年時に毎夏宿泊訓練でそこを訪れていた。
場所は山の中腹で、湖の岸辺に小屋が点在していた。
50人用の大きな小屋が2つで他は6人用と4人用と2人用とが合わせて10くらい。

そしてお決まりの噂もあった。

湖に一番近い桧という2人用の小屋で、春先に女が首を吊ったというもので、失恋が原因らしいのだが、以来幽霊が出るようになったとか。

5年生の時の宿泊訓練で俺たちの班は5人用の杉という小屋に泊まることになった。
他の班は全部50人用だったから俺たちは当たりを引いたと喜んでいた。

ちなみに班の構成は5年3人6年2人。
そして夜になりカレーも食って肝試しもして小屋に戻った後、消灯になったが俺たちはもちろん寝ないで二段ベッドの上に集まって喋っていた。

先輩が隠し持っていた小型の懐中電灯でしおりの名簿を照らしながら、好きな女子を告白していったり。

やはり一番人気は寛子だったが、一人が萌を指したのにはびびった。
あいつ男だろ。
農家だからかなとか。
窓から光が漏れないように注意しながら俺たちは楽しんだ。

恋バナも一段落した後、話題は肝試しのことに移った。

「全然怖くなかったよね」
胸君が言った。

「そうそう、湖一周くらいしなきゃね」
俺も同調した。

肝試しは最初こそ先生が怪談話したりこのキャンプ場は出るとか脅かしたりして本格的な雰囲気だったものの、2つの50人用小屋の間を往復するだけという子供騙しのようなお手軽コースだったのだ。

あれじゃ出るものも出ない。

「熟小は湖半周して戻ってくるコースだったらしいぞ」
佐藤先輩が言った。

「熟小の奴から聞いたんだけどさ」
クニ先輩が喋り出した。

「最後の班が半分くらいのところでじいさんとすれ違ったらしい」
「じいさん?先生じゃなくて?」
「ああ。知らないじいさん。それもそいつらには見向きもせずにスーッとすり抜けるように去っていったらしいよ」

「うへえ」
やっちゃんが呻いた。

「でもいいよな。そういうの」
胸君が言った。

「今から行ってみないか」
蛾次郎が言った。

「いいね!」
俺も同調した。

「見回りの先生に見つかるだろ」
とクニ先輩。

「トイレ行くところですつったらバレないよ」

トイレは敷地内に何カ所かあるが桧から近いものは中心地から外れており、途中までなら誤魔化せる。

俺たちは出発した。
わくわく半分不安半分だった。
もう0時回っていたと思う。

辺りは明かり一つなく真っ暗で静まり返り、湖の方はうっすらと霧がかかっていた。

俺たちは木の根につまづきそうになりながらミニ懐中電灯を頼りに歩いた。

やがてトイレが見えてきた。
あそこを通り過ぎたらもう言い訳出来ない。
入口を横目に見て更に一歩踏み出した時、前を歩いていた胸君が急に立ち停まってぶつかってしまった。

「あれ・・・・・・」
無表情で湖の一点を指さしている。
俺たちは無言でそっちを見た。

ちょうど湖の真ん中辺りに女が立っていた。
長い黒髪で白いワンピースみたいなのを着て、水面に立っている。さざ波一つ立ってない。
表情までは判らなかったが何となくこっちを見てる気がした。

俺たちは一列に並んで身じろぎもせず女を見ていた。
ただ、金縛りとかではなかった。
動こうと思えば動ける。
単に動かなかっただけ。
そんな感じだった。

と、女がいきなりこっちに走ってきた。
髪を振り乱し手足を大きく動かしながら猛然とこっちへ接近してくる。
みるみる距離が縮まって表情が判るようになった。

目を見開き大きく開いた口からは舌が垂れ下がってまるでジャンキーみたいなイッちゃった感じだった。

ああ、もうすぐ岸へたどり着く。
上がってきちゃう・・・・・・。

「こらっ!」

不意に怒鳴り声がしてそれに続いてドボンッと水音がした。
懐中電灯の光が俺たちを照らす。
そこには管理人のおじさんがいた。

「お前ら何してるんだ!」

「いやトイレに・・・・・・」
佐藤先輩がとっさに言い訳したが、「女がいた」と俺は言ってしまった。

管理人はそれを聞いても特に気にした風でもなく、「トイレは済ませたのか?ならさっさと戻れ」と小屋まで追い立てられた。

そのまま無言でベッドに潜り込んだがろくに寝れなかった。
たぶんみんな同じだったろう。