知り合いの話。

彼は昔、犬を連れて猟をしていたという。

「気持ち悪い山があったよ。山というか谷地なんだが、そこは絶対に犬を連れて行ってはいけないと言われていたんだ。近よっただけで、犬は尻尾を足の間に入れて怖気づいてしまうらしい。うっかり足を踏み入れようものなら、いつの間にか連れていた筈の犬がいなくなっている。目を離した覚えもないのに、忽然と姿を消すらしい。一旦尻尾を巻くと、もうその犬は駄目なんだそうだ。何とか離さず家に連れ帰っても、その日の夜の内にいなくなってしまうんだとさ」

「あそこには犬に執着する何かがいると言われていたよ。だから僕は近よりもしなかった。愛犬がいなくなると凹むだろうからね」

犬隠し。

その谷地はそう呼ばれていたそうだ。
何が犬を獲っていたのかは、今では誰もわからない。