10年以上前の話。

大阪の某公園で、足を骨折して入院した時の出来事です。

その病院は、夜9時に消灯する。(初入院の為、他の病院の消灯時間は知りません。)とりあえずベッドに横になってたわけですが、少し?経ってから足音が聞こえてきました。

看護師さんが見廻りしてるんだなと思っただけで、気にはしてなかったのですが、ドアの開く音がしてないのに足音が近づいてきました。

仕切り代わりのカーテンがあるのですが、その下から看護師さんの足が見えたと思ったら、そこで止まって動かない。
少し経ってなんかカーテンの上の方が気になったので見てみたら、看護師さんがカーテンの上からジッとこちらを見てた。

カーテンは高さ2メートル以上あって、天井との隙間が少ししかないのに、その間から顔と右手を乗り出した格好で、少し首を傾けたままこっちを見てた。
そして、その右手が段々こっちに近づいてきた。

あまりの怖さに布団に潜ってガクブルしてたら、いつの間にか気を失っていて、気づいたら朝だった。

それを見たのはその日だけで、特に何かが起きたわけではないが、未だにその顔が脳裏から離れない。

これを書いてる時も、その顔を思い出して鳥肌が立ちまくってる。

長文でしたが、たいしたオチも無くすいません。