私の住んでいる田舎の話。

私の家の近所にある神社は相続税の都合で、地元の神社本庁に寄付されるまでは我が家の私有の神社だった。

御神体は私の先祖の女性が入り婿だった夫から結婚の際に贈られた品らしいが、ヤバイものが憑いているらしい。
何が憑いているか知らないが、祟ると怖いので生贄を捧げることになっている。

年に一度生贄として近所の川で捕ってきた川魚を捌いて納めていた。
だが、それを野蛮だのと言い放った馬鹿がいた。

その馬鹿は地元の鼻摘み者の層化信者たちだった。
で、その年はある理由で儀式を自粛したのだが、層化信者たちの中心人物の一人はまもなく死亡。
それも・・神社での『儀式の際に捌く魚と同じ姿』で。

奴は地元でヤクザみたいな事をやっていたので、暴力団絡みの事件として処理された。
それを知った我が家と数件の祭祀を担ってきた家の当主たちは、神様に生贄を捧げ続けないと、自分たちが祟られると震え上がった。

しかし、層化信者の反発も恐い・・と考えあぐねた挙句、地元で大きな朝市を開いた。

都市近郊なので野菜を買いに来る客は多い・・・。
そして、この客たちの来る朝市の会場は神様を祀る祭壇を模して作ってある。
だが、年に一度のある催事の帰りに客が何人か交通事故で死ぬ。

やっぱり何かしらの生贄が必要なんだろうか。