直接心霊とかではないのだが・・・。

数年前、千葉のある堤防に友人達と釣りに行った時の話。

夏なので夜釣りをしたかったのだが、初めて行く堤防だったので様子見をかねて明るいうちから始めて夜釣りに入る事にした。
日中は何も釣れず、周りの釣り人もただ竿を出して常連さん達と話してるだけの状態だった。

しばらくして日が暮れはじめると、常連さん達が「じゃ、また明日」などと言いながら次々と帰ってしまい、最後は俺らだけになった。

土曜日で堤防貸し切りなんてラッキー過ぎるわーなんて話していたら、日暮れ時のゴールデンタイムに突入。
入れ食い状態でアジやらイワシがかかってくる。
久々のラッシュでテンション上がってたら、チャリに乗った地元のおっさんが話しかけて来た。

オッサン:「釣れてる?」
俺ら:「昼から粘ってやっと釣れ始めましたよー」

オッサン:「そうかぁ。でも真っ暗になる前に帰りなよ。ここ出るから」
俺ら:「え?」

オッサン:「向こうの角さ、一段下がってる所があるんだけど、そこに花があるんだよ。」
俺ら:「さっきまで常連さん達がいて見えなかった・・・」
オッサン:「ここ前から事故が多いから、その時も声かけたんだけどね。やっと釣れ始めたから、もう少しやってから帰るって言われてね・・・」

俺ら:「マジですか・・・だから常連さん達、皆帰ったんだ・・・」
オッサン:「地元じゃ割と有名だからねぇwま、一人じゃないから大丈夫だと思うけど、念のためね。夜釣りするなら穴場教えてあげるよ」

で、穴場を教えてもらいながら平静を装いつつ、全員竿に仕掛けをつけっ放しで慌てて片付けて移動した。

この時の皆んなの慌て様は笑い話になるのだが、何故常連さんがいなくなって、俺ら新参だけになった途端、釣れ始めたのかと考えると今でも少しゾーッとする。