うちの実家は四国なんだけど、小3から高校までは中国地方に住んでた。
その某田舎での、確か中二のときに聞いた話。

私には双子の妹がいる。
まあ田舎で人数が少ないから当然なんだけど、双子というのは珍しく学校には私たち含め二組しかいなかった。

しかもそのもう一組は同い年で、同じ双子ということもあってか、小学校の時からよく遊んでた。
家も近かったしね。

この双子の家は地元の旧家?で、結構でかくて古い屋敷に住んでた。
そして家系か知らんが代々そういうものが見えるらしかった。
(らしい、というのは私ら双子が零感だからw)
以下、二人から聞いた話。

ある日、弟のほうが部活から帰ってると(兄の方は帰宅部w)、遠くの方にこちらに向かって女が歩いてくるのが見えた。
女は白いワンピースを着ていた、なんてこともなく、至って普通の格好だったので、その時は何も感じなかったらしい。
が、だんだん近づいてくるにつれとてつもない違和感に襲われた。
その違和感は女がバス停を横切った時に分った。

背がバス停の屋根超えとる・・・。
ってことは、あの女3mぐらいある。
しかもなんか変な歩き方しとるし・・・。

部活帰りで疲れてるせいもあり一瞬目を疑ったが、やはりそいつはとてつもなくでかい・・・。
その上俯き気味でよく見えんが、こころなしか口元が笑っているように見える。

あまりの気味悪さと恐怖で道を引き返そうかと思ったが、瞬きをした一瞬の間に女は消えてしまった。

なにがなんやら、もう涙目状態でダッシュで帰宅。
大声でわめきながら帰ってきたので、騒々しさに家の中から出てきてた親父と片割れに事情を話したところ、ふたりとも「あーあれねw」という感じだったらしい。

話によると兄は既に遭遇済み。
親父によるとなんか知らんが前から居たと。

兄曰く、「気持ち悪いのがきたなーってまじまじ見てたら、擦れ違う時急に大声でげらげら笑いやがったからびびったよ。化けもんだよあいつw」だと・・・。
おまえまじまじ見んなよwwこええよwww