大学のゼミの友人の話。

友人の下宿の留守電に、番号の前の持ち主の母親と思われる人から「○子、どうしてるの?連絡ください」等のメッセージが頻繁に入るようになりました。

(友人は♂)電話は友人がいつもバイトに出ている時間にかかってくるため、直接電話を取ることもできず、すでに番号の持ち主が変わっていることを知らせる術がありませんでした。

やがてメッセージの内容は「○子、お父さんが入院しました。早く帰ってきてください」
「○子、何してるの。お父さんは危ない状態です」という内容になっていったそうです。

「自分の声で留守応答入れたら?男の声だったら間違いに気付くんじゃないの?」とも言ったのですが、「ウザいけど面倒臭いし間違いを教える義理もない」と、そのまま電話の自動応答に任せていたようです。

そしてある日、「昨日はついに『○子、お父さん亡くなりました・・・』って入っとったわ・・・」と。

さすがにバツの悪そうな顔で教えてくれました・・・。