学生の時の話。

3、4人で渋谷で飲んでて終電無くなったんで、一番近いヤツの家までタクシーで行こうって話になった。
そいつんとこは玄関で靴脱いで各々の部屋が廊下で繋がってるという、いわゆる下宿のようなやつの2階。
大家さんは別棟に住んでるらしい。

3時くらいに到着して、そのまま酒盛り開始。
飲み始めて30分くらい経った頃、ガラガラガラと玄関の引き戸が開く音がして、誰かが階段をドンドンと上がってきた。

うるせーなーとか思ってたら、階段を上りきったらしく、向かいの部屋でガチャガチャとドアを開ける音と、その後にバタンと閉まる音がした。

気にせず飲んでると、5分後くらいだったかな。
また玄関が開く音がする。

ガラガラガラ・・・ドンドンドン・・・ガチャ・・・バタン。
やはり向かいの部屋に入る音。

友:「この時間になるとよく来るんだよ」
俺:「何が?」

友:「いや、ここって俺しか住んでないはずなんだけどね」
俺:「じゃぁさっきから上って来るやつは?」

友:「知らんw」
俺:「知らんて・・・それマズいんじゃねーの?」

友:「だって、ほんとに俺以外誰もいねーんだもん」

じゃぁ見に行こうって話になった。

向かいの部屋の前から様子を伺ってみたが、確かに物音や人の気配はなかった。
思い切ってドアノブを回し、ドアを開けてみた。
鍵はかかってなかった。

誰もいない、というか完璧に空き部屋だった。
全部の部屋を調べたが全部が空き部屋だった。
一気に酔いが覚めたよ。

その友人が言うにはほぼ毎日だったらしい。
一度、音が階段の途中の時に飛び出て見たが音は止んで、誰もいなかったって。
あれって一体なんだったんだろうと、今でもガクガクブルブル。