私の体験した話。

高校生の時、県の登山大会が私の母校で実施され、私は何校かの生徒を引率することになった。

近場の山を二つほど経由して、最終的に母校のグラウンドへ誘導するのが仕事だ。
部員たちだけで予行演習も行い、準備は万端だった。

当日、通い慣れた山道を先頭に立って歩いていると、違和感に襲われた。

何かがおかしい。

慌てて確認すると、自分が道を派手に間違えていることに気が付いた。
何処でどう間違えて、また自分がどうしてそれに気が付きもしなかったのか。
全然わからない。

その時、山の何処かで、誰かが笑うのが聞こえた。

私のことを笑っているというのが、不思議なことにこちらに伝わってくる。
不思議なことに、他の生徒にはその声は聞こえていなかった。

化かされて道を間違えたと言っても、誰もまともに聞いちゃくれないだろうなぁ。
ひどく情けない心情で、皆に謝りながら道を引き返した私だった。