何か眠れなくて、ネット見ながら、4時すぎくらいになった日があった。

寝ぼけても何もしてない。
いくら何でもいいかげん寝なきゃ、と思ったら雨戸が一つ開いたまま。

どうしようかな・・・。

不思議と閉めるのがなんとなくためらわれて、なぜか瞬躊躇したあと、でもまあ、眠るには明るすぎるし、と思って障子を開けた。
すると、まん前の玄関にうつむいた女の人が立ってるんだ。
スカイブルーみたいなはっきりした青の上着で、首がありえないほどうなだれた、斜め後ろ姿だった。

一瞬、セールスか何かかな?と思って反射的に障子を閉めたんだけど、え?あれ?
今朝の4時半だかでしょ?!と慌ててもう一度開けると、誰もいなかった。

思い当たる事と言えば、夏で、家族で沖縄に行ったすぐあとだった。
禍々しい雰囲気だったので、良くないものだとは感じたんだが、こんな体験は本当に初めて。

本当にそこにいるし、透けてもいない。
髪もセミロングの直髪の黒。
ただ、独特の雰囲気だった。

良くないものと波長が合っちゃったのか、とショックだったが、翌日、飼ってた数匹の小鳥が全滅してた・・・。
身代わりだったんだろうか。

なぜか障子を開けるのをためらったとき、障子を照らすあさぼらけの光がなんか、独特な感じだった。
あれが、直感だったんだろうな。
向こうを見ないほうが良い、って。

ああいう良くなさそうなものを見ちゃうって、運が落ちてるのかな、何なんだろう、ってしばらく落ち込んだ。
ちなみに後姿ながら、知らない人だった。
うなだれ方が独特多分死んでる人だな

ボトムは黒のスパッツっぽいズボンだったと思う。
現代の姿だな。

眠れない人が散歩かなんかしてたのかな、と思い直して、左右見たけど(前の道路は見晴らしが良い)女の足にしては早すぎる。
犬も連れてなかった。

あれで家の敷地内にいてたら卒倒してたな。
なんであんな人が出たんだろうただの通りすがりなら良いけど、・・・。
としばらくその窓が怖くて、昼間も雨戸しめてた。

一生ではじめてこんな体験したけど、もういいや。
もうたくさんです・・・厄除けカキコ。