俺が4歳くらいの時の話。

母親が庭の掃除をしてたので「手伝おーか?」と言ったら「じゃあ裏庭の掃除してくれる?」と言うので箒を持って裏庭に行ったら、そこにも母親が居た。
で、俺が箒持ってるのを見て「掃除手伝ってくれるん?じゃあ表の掃除してくれる?」と言うので(何故か疑いもせず)表に行った。

当然、表には母親が居た。
「あれ?もう裏庭の掃除終わったん?」と言うので「だって今裏庭におかーさん居たやん!」って言ったのだが相手にされず、また裏庭に戻った。
んで、当たり前の様にそこに母親は居た。

「あれ?表の掃除終わったん?」

さすがに軽いパニックに陥った俺は「今おかーさん表に居たやんか!」と言って裏庭に居た母親の手を引っ張って表に連れて行った。
・・・が、表には母親は居なかった。

「何言うてるん、おかーさんは一人やで!」

母親にはそんな事を言われた。

で、後々考えると、俺は初め「表(庭)に居た母親」と一緒に居たんだが、最終的に「裏庭に居た母親」を連れて表に来てしまってるのよな。

コレってどう言う事?

まぁ、ガキん時の記憶だし、アテにはなんないけど。