中学生になった時、親に新しい自転車を買ってもらった。

しばらくして夏休み。
近所のおばさんに誘われて母とおばさんの家に遊びに行きました。
するとホームセンターで特売の物があるという話になり、母が「そうだ、自転車あるんだから買ってきてよ」と言い出し、おばさんにも頼まれて自転車で買いに行きました。

しかし、朝ごはんを食べていなかったのと暑さで帰りの坂道を自転車を押しながら登っていると気分が悪くなり、貧血になってしまいました。
幸い人や車の通りが少ない道だったので、自転車を止めて座って吐き気が治まるまで休んでいることに。

すると農協の帽子をかぶり、首にはタオル、見るからに農家の格好をした70代くらいのおじいさんが近づいて来て「どうしたの?暑いから具合悪くなっちゃったか?」と笑顔で話しかけてくれて、雑然と置いた自転車を横に寄せて私の隣に座って具合が良くなるまで話をしてくれました。

買ったばかりの自転車で名前も書いてないのに「あなたOOさんとこの娘さんだろ?」と私の名字(地元ではめずらしい)を言い当てました。
しばらくして私の気分もよくなったのでお礼を言って帰ろうとすると「家まで送って行ってやろう」と自転車を引いてくれました。

私が家の道を教えてないのにおじいさんはどんどん私の家へ。
私はただ驚いてついて行くばかりでした。

家に着くとおじいさんは「横になって涼しくしているといいよ」と言ってくれ、お礼を言って別れました。

うちのことを知っているし、農家の格好だったから父に聞けばわかるだろうと思い、父におじいさんの特徴を話すと「誰だろう?そういう人はこの辺にいない」ということで、わかりませんでした。
おばあちゃんに言うと「きっと守護霊さまだよ」と笑いました。

後でわかったことですが、私は父と母の両方のおじいちゃんは生まれた時からいなかったので会ったことがなかったんですが、母方のおばあちゃんの家に行った時におじいちゃんの遺影をよく見てみると、あの時助けてもらったおじいさんに顔がよく似ていました。

父も「お前が言ってた人に似ている!」と驚いていました。
あの時のおじいさんは今だにどなたかわかりません。

本当に守護霊さまだったのかも・・・。