友人の話。

釣り仲間と二人で、近場の山にある溜め池へバス釣りに出かけた。
先に釣り上げたのは仲間の方だった。
中々の大きさだ。

しかし仲間はそれをリリースすることなく、後ろの繁みの中へ放り投げた。

「バスをリリースするの、嫌うタイプだったっけ?」

そう問い掛けると「いやこの場所ではそういう約束だから」などと言う。

意味がわからずにいると、魚を投げ込んだ辺りから大きな音がした。

バリバリガキバキン!

何かが硬い物を噛み砕き、飲み込んだような、そんな音。

「今の音、何?」

慌てて聞いたところ、次のような返事があった。

「いや、だからそういう約束というか決まりなんだ。何というか、池の主への御裾分けみたいなもんだとでも考えてくれ。実際俺らって、バス釣っても食べないから構わないだろ」

仲間はあくまで平然としていたという。

最初は混乱していたが、一人だけ狼狽しているのも癪なので、仲間に倣い、釣ったバスを後ろに放り投げてみた。

しばらくすると、やはり同じようなバリバリという大きな音。
ここはそういう場所なんだな、と何となく納得して、釣りに没頭したそうだ。
一風変わったリリースを繰り返しながら。

帰り際、音のした辺りをちらっと覗いてみた。
バスは影も形もなく、ただ生臭い臭いだけがうっすら漂っていたという。