随分前ですが実話です。

当時大学生だった私は友人二人と関西にある有名な心霊スポットのトンネルへ肝試しに行きました。

友人が自動車免許を取って間もなかったことと、深夜だったこともあり妙にハイテンションだった事を覚えています。

道中くだらない話をしながら1時間ちょっと車を走らせていると、すぐにそのトンネルに到着しました。

車で通るから歩いて通るか友人と少し揉めたのち、街頭も少なかったかったので車で通ることにしました。

結果、何も起きませんでした。

「つまんねーな」っと騒ぎながら何度もトンネルを行ったり来たりしているとトンネルの先からパトランプを付けながらこちらに向かってくる車両が見えました。

警察のパトロールかな・・・。

そう思いながら車を停車して待っているとパトカーから警察官が下りてこちらに向かってきました。

結構なバカ騒ぎをしていたので、もしかして周辺の住民の方に通報されたのかなと思っていると、警察官の方から開口一番に「もう一人の女性はどこ?」と聞かれました。

友人二人とも男、自分達以外に車も通っていなければ住民の方とも遭遇していないため、当然3人とも何のことかわかりませんでした

3人でおろおろしていると、それを見た警察官が何かを悟ったような顔をしていたので「何かあったんですか?」と聞くと、近隣の住民から通報があったとの話でした。

やはり馬鹿騒ぎし過ぎたか・・・と少し反省していると通報内容を教えてくれました。

話を聞くと「天井の屋根に女性が四つん這いで捕まりながら車を走らせている騒いでいる」と住民の方から通報があったそうです。

それを聞いた瞬間全身が凍りついたことを覚えています。

警察の話によるとそういった目撃例がこれまでも何度かあったみたいですが、未だに真相がわからないとのことでした。

それからの帰路は死ぬほど怖かったことを覚えています。
3人で安全運転でとりあえず山道を抜け近くのコンビニで落ち着くまで非常に時間がかかりました。

自分の車じゃなかったことが幸いですがものすごく怖かったですw
後日談等は特にありませんが、あれ心霊スポットにはいかなくなりました。

駄文失礼しました。