俺はもともとオカルトが好きで洒落怖もかなり読み込んでいる。
職業柄不思議な経験をすることも多い。

日本には八百万の神様と伝わる通りあらゆる自然や現象、動物などにも神が宿るといわれている。
というのもカミという言葉の語源も自然の力を恐れて火(カ)と水(ミ)を合わせてたところから始まっている・・・というのは私達の業界では常識的な話だ。

この話もとある神様の話から始まったのだが、数年前、仲間内で集まった時に、事務所の少し離れたところにある社の話になった。

当時自分は業界に入ったばかりで右も左もわからなかったので黙って聞いていた。
そこは社といっても今では石草木の茂った中に小さいがポツンとあるだけで、昔は鳥居もあった古いお稲荷さんだということ。

そこは元々鳥居もあった立派な社で今ではそれも取り払われ名残で石だけが残っているらしい。

しかし、力の強い神様で今でも信仰のある人がたまにお供え物をしているそうだ。
なんでそんな話が出たかというと、その話をした先輩が霊感のある人で社の世話をしていたのだが、しばらく留守にするので自分がいない間、新人の俺に社の世話をしてほしいとのことだった。

毎日決まった時間に水を変えて拝むように言われ、俺は内心めんどくさがったが、この業界は上下関係が全て。
先輩の言ったことにはイエスがルールだった。

仕方がないので渋々毎日行っていたのだが、一ヶ月くらいたったころ慣れてきた俺は調子に乗ってあることをした。

自分達の間ではある手順を踏んで拝むと神と交信ができ色々力を貸してもらうことができると言われている。
俺は当時まだ素人同然で疑っていたので試しにやってみようと思った。

今度約束してる友達との約束が雨だったから天気を変えてもらう儀式をしようと決めた。

神様なら天気くらい変えられるだろう・・・という安易な考えだし、変わらないなら変わらないで当たり前だろうという気持ちだった。

そして当日俺はちょっとした準備をして簡単な祝詞のようなものを作って夜中に1人で祠に向かった。

触らぬ神に祟りなしというが自分から神様にちょっかい出しに行くのだから内心ビビっていた。

夜ということもかなり怖かったが、たどり着き早口に呪文を唱え一通りやることはやった。

最後に「神様ならこれくらいできますよね!」てなことを伝え足早に退散した。

その日は何事もなく無事帰宅して就寝した。
次の日は朝起きてみるとびっくりするくらいの晴天だった。

自分は神様ヤベーとか自分の儀式が成功したことにドキドキしながら待ち合わせ場所に向かった。

友達は全然関係ないやつだが、昨日の夜のことを話ししてやろうと思っていた。

待ち合わせ場所は俺が通っていた大学なのだが、早く着きすぎたこともあってキャンパスを背にしてしばらく待っていた。

俺は早く話したくてウズウズしていたのもあったが、友達遅いなとか思いつつずっと待っていた。

しかし1時間、2時間過ぎても全く来る様子がない。
ケータイに連絡をしても繋がらない。

おかしいと思ってずっとケータイや時計を確認していたのだが、ふと嫌な予感がして顔を上げて周りを見渡してみた。

すると自分が立っている場所が待ち合わせの大学ではないことに気がついた。

自分が立っていた場所は広い更地のような場所。
離れたところには立ち入り禁止と書かれた看板が倒れており、周りには外された鎖のようなものが落ちている。

ゾッとして周りを見回してみると、さっきまで背にしていた建物は古いボロボロのお堂に変わっていた。

俺は直感でこれはお稲荷さんの敷地だと思った。

怖くなって俺はその場から離れようと走り出したのだが、遠くに逃げてるつもりでもなぜかすぐ後ろにまだお堂がある気がしてならなかった。

ずっと走って逃げた先に1人の女性がいて、俺は必死で声をかけた。

「助けてください」

その声が届いたのか、女性が振り向いて「早く出なさい」といったところで俺は目が覚めた。

どうやら一連の出来事は夢だったようで時間はまだ夜中外は雨が降っていた。
俺は怖くなり友達との約束を断り雨の中社まで行き必死で謝った。

幸いそれ以来何も起きていないが、先輩が戻ってからも祠の世話は俺が続けている。

それから、夢の中で見た女性は顔も覚えていないが、おそらくこの世の人ではないと思う。