長年ほんのりというか自分的にはゾクゾクする怖い話だったのでよかったら読んでください。

中学生の頃、いつも4人グループで仲良くしていたうちの1人がちょっと不良ぽく、ませてて大学生と付き合ってた。

ある日その子が、彼氏から友達も呼んでドライブ行こうって誘われた~と言うのでみんなで行くことに。

当日1人は来れなかったので私達は3人、大学生達も3人で海までドライブしたり、色々な所へ寄って遊んだ。

その帰り道、あるトンネルの近くなると大学生達が「ここ、幽霊出るらしいよ・・・」と有名な心霊スポットである事を明かし、みんなでギャーギャー騒ぎながら車で通った。

するとトンネルには1人の小太りなおじさんが歩いてた。
みんなで「あの人幽霊じゃね?!」「ハッキリ見えすぎ!」とかフザけつつ、でもあまりに普通のおじさんだったし、歩行者用のスペースもあるトンネルだったので全く怖くなかった。

だが、そのまま通り過ぎようとした瞬間、おじさんが振り向いて「おい!お前ら!」と何か大声で叱りつけてきてみんなビックリ。
一瞬「ギャー!!!」となったけどとくに追いかけてくる事もなく、車の窓閉めてたのに声がハッキリ聞こえたのが怖かったくらいで、なんだったんだろ?みたいにその日は終わった。

そのまま何事もなくまた普通に過ごしてたんだけど、ドライブから1週間くらいたった頃。

私達が通ってた中学は、門を出て左沿いに歩くと帰宅ルートで右沿いに歩くと公園や駄菓子屋のある寄り道ルートだったんだけど、その日は寄り道ルートで帰る事に。

右沿いに歩くと学校の裏側というか、倉庫なんかが置いてあるヒッソリとした所が見えて、角を曲がると数メートル先に公衆電話ボックスがある。

いつもの四人グループでダラダラ帰っていると、角を曲がった瞬間、大学生彼氏のいる子が「うわ、ヤバイヤバイ・・・見て、公衆電話見て」と言いだした。

え?と思って見ると、なんとそこにはトンネルで見たおじさんが・・・。

ドライブ行った3人はヤバイ!ヤバイ!いや違う人じゃない?絶対そうだって!なんでここにいるの?!と騒いだけど、トンネルと中学校はすごく離れた地域で全くの無関係。本当になぜのここにいるのかわからなかった。

それでも、若かりし当時は正直おじさんの区別なんてついてなかったし、似てるけど違う人だよね、いるわけないし・・・という気持ちでドキドキしながら電話ボックスの横を通り過ぎた・・・ら、その瞬間ボックスのドアがバン!と開き、
「おい!お前ら!!!」と全く同じように怒鳴られた。

もうめちゃくちゃ怖くておじさんの方は一切見ずに、そのまま公園まで4人で猛ダッシュ。

ようやく公園まで着いて、振り向いても誰もいなかったので4人で座り込んで、何?あのおじさん、なんでいた?なんで怒るの?と半泣きで騒いでると、ドライブに行かなかった1人が「え、何?なんだったの?」と言ってきた。

トンネルのおじさんの事は話してたけど、その子は見てないし、さっきの人と同じ人だとわからなかったんだなって思って(道で知らない大人に怒鳴られる事はたまにあったらそんなに怖くない)みんなで必死に説明した。

そうしたらその子が、「なんかみんなが急に騒ぐし走り出したから着いてきたけどさ、電話ボックスに人なんていなかったよ?」と言ったのが本当に怖かった。

その後は何もなく無事卒業しました。
長文駄文すみません。