伯父の話。

山で仕事をしていると、何処からともなく声が聞こえた。

「三日借りるぞ」

何のことだかまったくわからない。
不思議なこともあるもんだと、その日はそこで山を下りた。

翌日作業場へ登ると、隅の方にびっしりと茸のような物が生えていた。

何となく手を触れるのが躊躇われ、そのままにして仕事を終わらせた。

更に次の日、色も鮮やかな茸モドキは、目を見張る早さで成長していた。
三日目になると、茸モドキは伯父の膝高まで大きくなっていたそうだ。

そして四日目、怪しげな茸は綺麗さっぱり消え失せ、場は元通りになっていた。

・・・なるほど、確かに三日だけ借りると言っていたな。

しかし一体誰が、何のために、作業場を使っていったのだろう?

その後声は聞こえていないが、いざという時のため、作業場は出来るだけ綺麗に保っているのだという。