小学生のとき、祖父と従兄弟と私で登山に行きました。

といっても標高はそこまで高くなく、登山というより散歩みたいな感じで、他の登山客もたくさんいて、祖父と従兄弟と話しながらすぐ頂上に着きました。

頂上で弁当を食べて、少し休憩した後、下山する前に簡易トイレに用を足しに行きました。

終わった後、何を気になったのか、トイレの裏側はどうなってるのかな?と見に行きました。

裏側は少しだけスペースがあって、鉄のサクがあり、その向こうは樹木だらけの急な斜面になっていました。

それで、その斜面全体に、信じられないぐらい大きな赤い布が被さっていたのです。

本気で縦・横1Kmぐらいあるんじゃないか?と思うほどの真っ赤な布。
何だあれ?としばらく見ていましたが、布は風にはためいているだけ。

その後、気になりながらも祖父と従兄弟の所へ戻り、今見た物を説明しました。
しかし、あまり本気にされず、天気もぐずついて来たので急いで下山しました。

下山後、駐車場に向かう時、麓に救急車と警察が大勢来ていました。
近くの木にはブルーシートが掛けられ、担架が用意され、誰が見ても死人が出たのは明らかでした。

2時間ほど前登る前には何もなかったので、その間に亡くなったようでした。

話はこれで終わりです。
亡くなったその人と、私が見た巨大な赤い布との関連性は分かりません。

ただ、あれは不吉なものだったのかな、とは今になって思います。
本当に、赤い色が斜面一帯を覆うほどでしたから・・・。