夏休みに岩手にある爺さんの家に、友達3人とで遊びに行った時に実際にあった話です。

近くの森に十数年前に廃校になった学校があるんです。

それを知った友達が「廃校って言ったらやっぱ肝試しじゃね?」と言いだして、本当に肝試しをやることになって、真夜中にその廃校に4人で行ったんです。

男同士くっついて行くのもアレなんで、折角だから本当の度胸試しだ!ってことになって、1人ずつ行くことになりました。

ルールは『屋上まで行って下に向かって手を振って帰ってくる』です。

1人目懐中電灯を持って出発し、大体20分ちょいで往復して帰ってきました。

2人目がそれよりもちょっと時間かかって26分くらいでした。

帰ってきた友達に「あん中スンゲーヤバイぞw」とかおちょくられながら校舎に入りました。

オカルトとか全くダメ!って程ではないけど、割とビビリな自分はさっさと終わらせようと思っていました。

しかし2階に上がる階段真ん中あたりで持ってた懐中電灯が突然消えたんです。

何をしても点かないし、途中で帰ったら「壊れたから、とか理由付けて止める気なんだろ?w」とか言われたくなかったのでそのまま進むことにしました。

校舎の中は想像してたよりも、意外ときれいだったので行けるかなー、と。

今思えばそこで止めときゃよかったかなと思います。

真っ暗な校舎を壁伝いに手探りで3階に上がった時に、ふと教室が並ぶ廊下の方をちらっと覗いてみると15、6mくらいですかね、先の方に小学校中学年くらいの男の子(暗くて分からなかったけど)みたいのがポツンとむこうを向いて立ってるんです。

あんまりにも驚いて思わず後ずさったんですが、何かに足をとられて結構な勢いでこけて後頭部を床に強く打ちつけて、そのまま気を失っちゃったんです。

その後どのくらい時間が経過してたのかはわかりませんが、なんとか目を覚ましたんですがさっき見たものを思い出して、さすがに怖くなって走ってみんなの所に戻ったんです。

ぜーぜーいわせながらみんなの下に戻ると、笑われながら言われました。

「屋上までは結構速かったのに、帰ってくるまでかなり長かったぞ?w」

結局あの出来事は何だったのかはわかりませんが・・・
あれ以来、田舎には帰ってません。