祖父の話。

某峠は昔から怪奇現象が起こります。
祖父が昔車でその峠越えをした時、祖母が急に気分が悪くなり、ゲエゲエ戻しはじめたそうです。

車を止めてしばらくすると、車の前を2メートル近くある巨大な狐がゆっくり横切って行きました。
目がライトに照らされて真っ赤に見え、ちょうど鬼灯みたいな感じだったそうです。

次にワタクシが同じ場所で経験した話。

学生時代にその峠をバイクで夜に越えた時です。
全くの一本道のはずなのに、何度も同じ場所に出て来るのです。(合計三回)

気味が悪くなりつつそのまま進むと、いつの間にか前後に車が走っていることに気付きました。

少し安心し、物凄い急な坂を登り頂上に達した所、すぐ前を走っていたはずの車が忽然と消えていました。

慌てて後ろをみると後ろの車も消えてました。