登山仲間の話。

高校生の時分、部活で山寺に合宿した。

その日は彼女の班が夕食当番で、同級生三人が並んで食器や鍋を洗っていた。

すると、いきなり、一番右端の者が「うひゃっ」と奇声を上げる。
続いて真中の娘も「ひっ」と首を竦めて皿を落とす。

どうしたの?と尋ねようとした途端、ペタリと、生暖かい濡れた物が首筋に貼り付いた。

似たような悲鳴を上げて背後を振り向くと、そこに紫色の口があった。

何もない空間に、だらしなく半開きの口だけが浮いていたのだ。

唇を割って、青黒い舌が揺れながら垂れている。
三人揃って、皆の元へ逃げ戻ったという。

居合わせた者を引き連れて洗い場へ返したが、既にそこには何も見えなかった。

顧問の先生が言うには、この山には昔から青舌と呼ばれる何かがいるのだと。

先生:「以前にも先輩や卒業生が、何人か出会っているよ。ベロリと舐めるだけで他に害はないみたいだから、心配するな」

彼女:「舐められるってこと自体が、もう堪らなく嫌なんじゃないの。先生その辺わかってないよねぇ」

そう彼女たちは愚痴をこぼしていた。