うちの田舎に「とんとん」という習慣があります。

お盆のある日、夜中12時を過ぎると部屋毎の障子を全部締め切ってしまい、朝になるまで開けてはいけない、というものです。
ただし「とんとん」と障子を叩いて返事があれば次の部屋に移れます。

田舎に帰ること自体あんまりないんですが、子供のころ、お盆の時に帰った時の話です。
変な感じを2度経験しました。

「とんとん」を、やらずに障子を開けると大人がみんな黙りました。

「あんた、今日金縛りに会うけど、しょうがないからね。」って、冷静に言われたんですけど、なんか、その冷静さが怖かった。

その夜、ほんとに金縛りに遇いました。
それが1回目。

それから3年後くらいの話。

夜中に目が覚めてトイレに行くために障子を叩きました。

「どうぞ。」って言う声が、死んだばあちゃんの声でした。

怖くなって布団を被りました。

しばらくじっとしていましたが、もう一度「とんとん」してみました。

やっぱりおばあちゃんの声で「どうぞ」って返ってきます。

その時、大人たちは宵越しで酒を飲んでるはずなのに、なんでこんなにシンとしているんだろうと、と気づいて余計怖くなりました。

また布団を被って、今度はそのまま寝ました。
朝起きると、寝た部屋(=夜中目が覚めた部屋)とは別の部屋にいました。

子供ながらに夢を見ていたんだなと思いましたが、どこからが夢なのか分かりません。
それが2回目・・・。