鏡の中に女を見てからというもの、「何かが明らかに、部屋の中に入り込んできたような雰囲気になったの」と、姉妹は口を揃えて言う。

もふもふが入り込んでいたじゃないか。

「違うの、アレじゃなくて、もっと何か不気味なモノが来だしたの」

それって、女性の幽霊が見えだしたってことか?
そう尋ねてみると首を振る。
女に限らず、何かおかしな物が、頻繁に見えたり感じられるようになったらしい。

「例えばね―」

座卓に座って雑誌を読んでいた時に、ふと気がついてしまう。
閉められたカーテンの下裾から、ニュッと足が出されていた。

姉の物ではない。
どう見ても男の足だ。
親指の腹に毛が生えている。

困ったことに、カーテンが膨らんでいるのは足首の部分だけだった。
足の持ち主がいる筈の空間には、何も潜んではいないのだ。

目を逸らし、一回わざとらしい咳払いをした。
ゆっくりと目を戻すと、もう足は見えなくなっている。

ただ、何かがいたという痕跡を示すかのように、カーテンは少し揺れていた。

「こんな感じで、人間の身体のパーツだけがちょこちょこ見え始めたの。あ、団栗は置かれなくなったんだけどねー」

団栗の方が遙かにマシじゃないのか、それって。

「そうなのー。だから問題なの」

そう言って姉妹は顰め面をした。

残業で深夜遅くに帰宅した時のこと。
ドアを開けてつんのめりそうになる。
寝間着姿に褞袍を羽織った姉が、玄関の三和土に座り込んで紅茶を啜っていたからだ。

こんな時間にこんな所で、一体どうしたん?
姉は妹を見て明らかにホッとした顔で、質問に答えた。

「あんたが遅くなるって知ってたから、先に寝ちゃおうと布団を引いたのね。歯を磨いて寝床に戻ったら―」

・・・戻ったらー?

「誰かが私の布団で寝ていたの」

人の形に膨らんだ布団の端から、長い髪の毛が溢れているのが見えていた。
とても布団を捲る気になれず、ここであんたが帰るのを待っていた・・・。
そう姉は一気に話した。

二人でおっかなびっくり床に忍びよる。
布団は確かに膨らんでいた。
しかしもう髪の毛は見えていない。

覚悟を決めて捲った。
何もいない。
布団も冷たいままだった。

その後二人揃って就寝したのだが、満足に眠れなかったそうだ。

むぎゅっ!?

深夜、強引に目が覚まされた。
誰かにお腹を踏まれたのだ。

何すんのー!

てっきり姉だと思い跳ね起きたものの、誰の姿も見えない。
呆然としていると、枕元にいる何かが視界を掠めた。

振り向いた先にあったのは、異様な塊だった。
大小様々な、青白い人間の足首。
それがギュッと一塊になって、ゴロゴロと転がっている。
そしてそのまま姉の寝ている方へ進んでいく。

むぎゅっ!?

姉がつい先ほどの自分と同じような呻き声を上げた。
理由はわからないが、なぜかホッと安心した。
足塊は壁まで転がっていくと、そのまま中へ溶け込んで消えてしまう。

目を戻すと、布団の上に起き上がった姉が、怒りの目つきでこちらを見ている。
・・・あーっ!?

「違うよー、踏んだのは私じゃないよー!」

復讐に燃える姉を説得するのは、非常に骨が折れたという。