母親の実体験です。

就職したての頃に、会社の飲み会に参加した時の事。

母がお酌をして回っていると、参加していた同僚の一人(以下Aさん)の周りの空間がなぜか暗かったそうです。

照明の故障とかではなく、Aさんのいる空間だけ闇に包まれている感じで、Aさんはなぜか食事もせずに、正座したまま俯いていました。

母はAさんの体調が悪いのかと思い、周りの上司に声をかけて様子を見てもらったそうですが、母以外の人たちは皆、Aさんは普通に食事をしているし、Aさんの周りも暗くなんかないと言ったそうです。

その後、Aさんは早退してしまって、母はやっぱりAさんは具合が悪かったのだろうと思ったそうです。

しかし同僚に聞くと、Aさんは母親が有名な登山家で、明日から週末を利用して母親と登山に行くので、体調管理などの為に早退しただけだったと分かり、母はAさんの異常はやっぱり自分の見間違いだったんだと、その時は思ったそうです。

ところが、週明けに母が出社すると、Aさんの席に花瓶に入った花が飾られていて、
Aさんは登山中に滑落死したと、同僚から聞かされたそうです。

飲み会の最中にAさんの姿がおかしく見えたのは、虫の知らせだったのかもしれないと言っていました。