俺が小学5年の夏、弟と山に虫取りに行った時の話。

その山はそこそこカブトとかクワガタとかいろいろ捕れる山やったんや。
でもいつものポイントで捕り尽くしてしまったのか、その日はコガネムシやらカナブンやらハチしかおらんかった。

俺と弟は今日は違うところに行こうと言って山を出た。

その山の普段は行かない所に、一ヶ所獣道みたいになってる所があるのを思い出した俺は、弟とそこへ向かった。

ある程度場所が特定されるかもしれんが、俺の地元は夏場は大体35?37度は毎日で、一度40.9度を記録したこともある。
その獣道みたいなところについて弟と山に入った瞬間、冷凍庫の中にいるかのような寒さを感じて全身に鳥肌が立った。

元々霊感があった俺は一瞬、ここやばいかもと思ったが、小学5年の俺はカブトやクワガタの方が大事だった。

弟と山の奥へ行こうとして、ふと違和感を感じた。

山に入った時にも感じていたが、何かが普通の山と違う。
太い木もあるが大半が幹が20センチくらいの細めの木ばかりで、その木の下全部に祭壇のようなものが置いてあった。
1こ2こじゃなく数十個って単位で。

その祭壇のようなものは、箱だったり石だったり台は様々だが、共通して朽ちた花が活けてあり、盛り塩があったであろう小皿におちょこが置いてあった。

田舎の山に入った時、そこで亡くなった人の供養の為にそう言ったものを置いたり石の塔を作ったりするのは知っているが、それにしては量が異常だった。

ちょっとほんとにやばいかもと思った時、前の木から灰色の年配の男がこちらを見ていた。

例えるならひょっこりはんみたいな感じ。
でもおかしかった。

本来見えるはずの体が見えなかった。
さっき言った通り幹の太さは大体20センチくらいだ。

あーいるわと思った俺は、弟に「山出ろ、はやく」と言って山から出し、自分も出る瞬間、何を思ったのか振り返ってしまった。

そこには見渡す限り視認できる木全てから、老若男女たくさんの人がこっちを睨んでいた。

怖くなって俺は弟と家へと急いだ。

後日談だが、昔俺の地元のその町は戦時中大空襲を受けたらしい。