自分の話。
十数年前ですが、当方自○隊に居まして、ある演習場での不思議な出来事です。

当時、夜間歩哨訓練で、穴に二人一組で警戒をしていました。
さて時間もたち交代がやってきまして、異常無しの申し送りをしてすぐ裏の天幕に入った矢先でした。

うわー!と今さっき交代したばかりの奴の叫び声が響きました。
何だ何だ!?と、小隊長以下20名近い隊員が飛び出し駆け付けると、歩哨の穴のすぐ裏に、身体が半分になったまだ温かいうさぎの死体が・・・。

不思議なのは自分の交代時にそこには何もなかった事、警戒していた奴は音も気配も感じなかった事。
気付いたのは、たまたま後ろを向いたらそれがあったとの事。

しばらく周囲を捜索し、原因も掴めないまま訓練続行。
皆恐怖に怯えてました。

自分に至っては、仮眠せずに天幕の人数を確認して一時間ごとに報告しろと(汗
結局うさぎをそこまでした者の正体は掴めぬままでした。

後日談で他小隊の天幕でも、仮眠していたら頭をしつこく撫でられる事もあったそうな。

未だに不思議でした。