先輩は大学生の頃、一回り上の女性と付き合っていた。

色々とわけありの人で多額の借金があり風俗で働いていたそうだ。
先輩はろくに大学にも行かず、毎日のように2人でパチンコをして過ごしていた。

ある日、いつも通り開店から2人でパチンコを打っていた。
しばらく時間が経ったとき、彼女が後ろからヒョイと顔を出して先輩の耳元でボソボソと何か囁いた。

先輩は「え?なに?聞こえない!」と台から目も離さず返すと、今度は耳に息が掛かる距離で「待ってるからね!」と叫んだ。

先輩はその声に驚いて「なんだよ!」とキレながら横を見ると、隣にいた爺さんがポカーンとした顔でこっちを見ていた。

あれ?と周囲を見渡したが既に彼女の姿は無かった。

先輩は電話をしながら店内や店の付近をグルグルと探し回ったが彼女は見つからず、電話も留守電に繋がるだけだった。

先輩は「俺を置いて帰ったのか。待ってるって家でって事かよ」と少しイライラしながら彼女のアパートへ向かうと、玄関のドアが僅かに開いていた。

「マジで帰ってきてんのかよ」とドアを開けると奥の部屋で首をだらりと下げ座っている彼女が見えた。

「おいどうした?」と声を掛けるが何の反応もなく体もピクリとも動かない。

嫌な予感がして慌てて彼女に近付くと、タンスの取っ手に縄をくくり首を吊っていた。

先輩は直ぐに救急車を呼んだがもう手遅れだった。

彼女は自殺する直前に母親宛に手紙を送っており、葬式の際に見せてもらうと、借金を全額返済した事、自分の子供を代わりに育てている母親への感謝と謝罪、子供の将来の事、実は重い病気を患っている事などが書かれていた。

そして最後には「短い間だったけど(先輩)君と過ごせて幸せだった。しっかりと大学を卒業し立派な大人になって下さい」と伝えてほしいと書いてあった。

先輩はその言葉を真摯に受け止め、パチンコを止め、真面目に大学へ通い卒業したそうだ。

それから数年後、先輩が一人残業をしていると内線が鳴った。

22時を過ぎた頃だったので、不審に思いながらも出ると守衛さんが慌てた様子。

「(先輩)さん、今お一人ですか?」
「はい、そうですけど」

「おかしいな・・・今監視カメラに女性が通り過ぎるのが見えたもので・・・」

「そうなんですか?誰もいな・・・」と途中まで話した瞬間、内線の向こうから突然耳を劈くような爆音が響いた。
それはパチンコ屋の店内の音だった。

先輩は驚いて咄嗟に受話器を置くと今度は「待ってるからね」と囁く声が聞こえた。

耳元に息が掛かる程の距離。
姿は見えないが彼女が来ている・・・。

あまりの恐怖に心臓をバクバクさせながらジッと立っていることしか出来ない。
ピンとした空気が張り詰める中、ドアをノックする音が聞こえ守衛さんが入ってきた。

「電話が切れたもので・・・。大丈夫ですか?」

その声に一気に緊張の糸が切れ、先輩はその場にしゃがみ込んだ。

彼女がなぜ突然現れたのか「待ってるね」の意味は何なのかわからないが、後日有給を取って墓参りに行った。

ちなみに彼女が亡くなって今年で15年経つが、あんな経験したのは一回だけだそうだ。