友人の話。

山中の野池へ、仲間と二人でバス釣りに出かけた。
ボートを出して池の中ほどで楽しんでいると、視界の外れで動く影がある。
子供が溺れていた。
必死の形相で手を振っている。

「おい、アレ!」

連れもそれに気がつき、慌ててボートをそちらに回す。

エンジン全開で水上を走り、子供まであと少しという所で「ドン!」という衝撃が船底を襲い、二人してボートの外に投げ出された。

ボートは浅い砂洲に乗り上げていた。

一瞬溺れるかと焦ったが、足が水底に着くことを確認して落ち着く。
何とか立ち上がってみると、水は脛下までの深さしかなかった。

「大丈夫か?」という連れの声で我に返り、子供の方に目を向けた。

つい先までそこで足掻いていた筈の姿がどこにもない。
水面は凪いでいて、浅い底が透けて見えていた。

冷静になってみると、色々とおかしな点に気が付き、連れに確認する。

「そう言えばさ、お前はあの子の悲鳴っていうか声、聞こえた?」
「あ・・・あぁ、誰の声も聞こえてなかった」

「今思えば、水がバシャバシャ跳ねる音も、全然聞いてないんだよね」
「「・・・今見たのはまともな子じゃないぞ・・・」」

必死でボートを深瀬に押しやり、そこから逃げ出した。
岸に這い上ると、その日はそこで終わることにする。

その後しばらく、その野池には近よらなかったそうだ。