怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2014年10月

高校生の時、夏休み中に親戚の伯父さんの家へ遊びにいった。

伯父さんに会いに行ったわけではなくて、その伯父さんが一週間ほど地方に出張するので、留守番も兼ねて伯父さんの家で過ごさないかと。
伯父さんは一人暮らしなので、気兼ねなく自由に使ってくれていいと言われた。

夏休みのうちの一週間、地元から離れた伯父さんの家で「のんびり過ごすのもいいか、小遣いもくれるっていうし」と出かけたんだ。

その日に出発する予定の伯父さんは会うなり小遣いをくれて、部屋の間取り、近所のコンビニなどを教えてくれてすぐ入れ替わるように出ていった。

続きを読む

9月27日11時52分ごろ、長野県と岐阜県にまたがる位置にある御嶽山が突然に噴火し、数十人の負傷者や行方不明者が出ている。
日本には「おんたけさん」「みたけやま」などと呼ばれる山が20以上存在しており、信仰の山としての普通名詞的な要素をもつ名称であるが、その中でも「木曽御嶽山」といえば、もっとも山岳信仰が盛んな「神の山」であり、また富士山に次いで日本で2番目に標高が高い火山でもある。


■24時間の監視でも、予測は不可能だった!?

御嶽山は、1979年に水蒸気爆発を起こして以来、断続的に小規模な噴気活動を続けており、今回は7年ぶりの噴火となる。
気象庁が取り組む24時間体制の監視により、今月11日には御嶽山周辺で80回を超える地震が観測されていたが、山の表面が膨らんだり地下からマグマが上昇するといった現象が見られなかったため、噴火警戒レベルは最低の「レベル1(平常)」にとどまっていた。

続きを読む

ある日のユニットバス施工仕事の話。
うちの会社が施工したマンションのユニットバスが天井から水漏れする・・・と言う苦情を受けて直しに入った時、苦情を入れた住民の方側のユニットバスを見ると、確かに天上が水漏れで蓋が黒ずんでいた。
直ぐに蓋を外すと配水管とコンクリートの微妙な隙間から水が漏れてきている事が解った。

マンションは全て、全階水周りは同じ配置にされているから上の階のユニットバスに何か問題があるのだと思い、上の住民に説明してバスに入らせてもらった。
家主が少し汚れていますけれどと断りを入れるので掃除不足なのかと思って入ってみると、施工から一年も経っていないのにそこら中が水黴(みずカビ)に侵食を受けていた。

僅かに水が腐ったような匂いまでしていてプラスチックのパーツの隙間を埋めている白かったシリコン材が黴(カビ)に食われて真っ黒に変色していた。

続きを読む

私は46歳のの男性です。
菓子工場で副工場長をしております。
これは私が体験した心霊体験です。

仕事柄、朝の5時には出社するので朝4時には起きます。
起きてまず、すぐにタバコを吸うんですが、家の中では禁煙なので外(にわ)に出て吸います。
吸っていると、新聞を配りに来る新聞配達の男性によく出くわします。

よくよく見ると若いので「中学生・・・か?」と尋ねると、「いいえ、高校生です。おハよーごザいマす!!!」と朝っぱらからすがすがしい挨拶をします!

続きを読む

あまりに不幸なことが続いた。

それをここで紹介する気はないが、俺は自殺することに決めた。
それで・・・少々安易だがあの有名な樹海に行って首でも吊る事にした。

頑丈なロープを持って森に入り手頃な木を探す。
誰にも見つかりたくなかったので、森の中を、俺は奥へ奥へと歩いていった。

歩き続けて、もう方向も分からなくなって来た時、突然、俺の目の前に人が現れた。
年の頃40くらいのおっさんだ。
お互いに驚いたね。
こんなところで人に会うなんて思ってもいなかった。

続きを読む

↑このページのトップヘ