怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2015年01月

短い都市伝説をいくつかご紹介・・・。

【長野県の丸美荘】
本当に出る心霊スポットとして密かに知られる長野県の丸美荘。

丸美荘は小さな廃荘もしくは廃旅館で、中に立ち入るだけで強い吐き気に襲われると言います。
心霊スポットの怖さに箔を付ける話として、有名霊能者が訪れたがヤバすぎて建物の中に入れなかったという逸話が全国各地にあります。

丸美荘の噂では、心霊番組の取材で訪れた某有名霊能者が強い霊気を感じて、中に入る前に気を失ってしまい、救急車で運ばれたため番組の放送は中止になったと言う話です。

そして、その霊能者は現在もメディアで活躍しているとも、丸美荘で亡くなったとも言われます。
噂の中で語られる丸美荘の霊障は吐き気のみならず、最悪の場合死に至ることもあるようです。

続きを読む

私がまだ幼かったころの話。
母方の親戚が祖母の家に集まった。
私は従兄弟たちと祖母の家でかくれんぼをして遊んでいた。

祖父母の家の二階には物置部屋があり、その部屋の奥に高さ1メートル程の小さな扉があった。
その扉は頑丈な錠前がかけられていてた。

祖母にその扉のことを尋ねると、扉の奥は納戸で、ずいぶん昔に鍵を無くしていらい開かずの間になったそうだ。

「どうせ中にはガラクタしかないからわざわざ開けるものねえ」と祖母は言っていた。

昼間でも薄暗い物置部屋は隠れ場所の宝庫で、私はその扉の手前に置いてある古びたソファーの後ろへ身を隠していた。
床に這いつくばり外の様子を伺っていると、うっすらと埃の積もった床に、あるものを発見した。

それは私の付けた足跡とは別の人の足跡。

続きを読む

私が実際体験した話なんですけど。
そんなに怖くないかもしれません。

先日、友だちの開いた飲み会に行ったときのことです。
その日、私は疲れていたのか少量のビールですぐに酔いつぶれてしまい、ついうとうとと横になってしまいました。
そのまま夢を見たのですが、それがとても不気味な夢だったのです。

真っ暗な背景のなか、あぐらをかいたお坊さんが横になっている私の頭上でぐるぐると円をかいて回り続けている、という内容だったのですが、ちらちらと見えるお坊さんの表情が、まるで鬼のようで、私は『あ。これはヤバイ』と思い、どうにか目が覚めるのを待ちました。

そのうち、友達の声が聞こえてきました。

続きを読む

短い都市伝説をいくつかご紹介・・・。

【拉致事件の特集】
これは僕の父が体験(正確に言えば間接的)に体験したことです。

35年前、僕の父は当時高校生で、恥ずかしい話、不登校でした。
平日の日中は家から50メートルも離れない海岸にある海小屋で、弁当を食べ雑誌を読んで時間を潰していました。

そんなある日のことです。
いつものように父は小屋に来て飯を食べて浜辺に座り、海を見つめていました。
するとあることに気が付きました。

続きを読む

家系、因縁、呪い系の話をいくつかご紹介・・・。

【サイコパスが多い】
どなたか分かる方がいらっしゃったらアドバイス下さい。

家はよその家に祟られるというより、家族内で殺し合いをする家系だったらしく、先祖が子孫を攻撃
するタイプだそうです。(家族や親戚も自己愛系のサイコパスが多いです)

母親が癌を患っていて何度か霊視に行ったのですが、5件程そういわれました。
人生において色々邪魔をするようで、仕事や結婚もうまく行かないだろうとの事。
半ば諦めているのですが、去年、御○山の神社の方で除霊してもらったところ「先祖から攻撃されないようにしておいたから。」と最後に言われました。
それから少しですが、良くなってきたように感じます。

続きを読む

↑このページのトップヘ