怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2015年01月

神奈川県の話であるが、河川敷でバーベキュウをすると使用料という名目で怖い人達から金銭を請求されるケースがあるという。

緑が濃い道路に面した川原でのこと。
学生達が川遊びをしていると、黒塗りの車がやって来て中から強面の男が降りて来た。
そして学生達に向かって「そこを使ってバーベキュウとかするならお金取るよ」と叫んで来た。

国が管理しているような大きな河川だったので、お金を払う必要があるのか?と疑問に思ったが、怖かったのでいそいそと荷物をまとめて引き揚げた。

後から聞いた話では、あの辺の河川敷の一部は怖い人の親分が所有しており、一部は間違いなく私有地であるらしい。

続きを読む

ほなプチネタの学校であった怪奇現象から・・・。

高校生の時、文化祭の準備に追われていた。
と言っても俺が追われていた訳ではなく、友人のほとんどが生徒会役員だったため、そいつらが忙しい日々に追われていた。

俺は「もうどーでも良いじゃーん」というダメ人間だったが血走った目で「頼むから手伝ってくれ!!」と言われて仕方なしに手伝っていた。

文化祭前日、最後の最後まで仕事が残っていたが、やっと8時過ぎぐらいになって終了した。
俺が通っていた高校はかなり古く、しかも校舎の両脇に教室、真ん中に廊下という変な作りをしていたため夏場は暑く、冬場は寒いという最悪な学校だった。

続きを読む

ちょっと前の話です。

地元でもちょっと有名な廃屋に肝試しに行こうって話になり、俺含め男3人で深夜に友達の運転する車で向かったんです。

その廃屋は母屋とは別に蔵みたいなのがあって、俺らは母屋の方を探索して雰囲気を味わってた。

廃屋だし雰囲気あったし恐かったけど、別に特に何も起きたりする事もなく、「そろそろ帰るか?」って事になったんです。

そしたら友達が「蔵入れるのかな」とか言ったので蔵の方に行ったわけです。
だけど、錠があって入れないようになってました。

ところが、友達が錠をいじると、きちっと錠がかかってなかったのか錠が外れて入れるようになったんです。
せっかく開いたんだし入ろうって話になり、蔵に入りました。

続きを読む

結構前に、「山奥に家族構成っぽく置かれたマネキンが傷つけられてた」ってカキコミがあったと思うけど、それと似たような体験をした。

うちは田舎だから、シーズンになるとよく裏山にキノコ取りに行く。
小学生の頃は、よく採れる場所をじいちゃんに教えてもらいながら2人で行ってたけど、中学生になると1人で行ったり、友達と行ったりしてた。

その日は日曜日だったから、友達と2人で行ったんだ。
最初は順調にいろいろ採って、そろそろ帰ろうかとしてた時、友達がいきなり叫んで、その場にへたりこんだ。
その時は、木の枝で足を切ることがよくあるから、それかと思ったけど、友達は上を見てる。
だから俺もつられて上を見た。

そこには首吊り死体・・・。
それも2体・・・。

本当に驚いた時は声も出せない。

続きを読む

父は世間的にはごく普通の会社員ですが、変った趣味がありました。
それは収集癖です。

よくごみ捨て場から古雑誌を拾ってきたり、工事現場から、何の役にたつのか分からない壊れた家具を拾ってきたりしていました。

古い農家を改造したわが家には屋根裏部屋があり、父はそこにガラクタを持ち込んでいました。
そこは父以外の誰も入ってはいけない秘密の場所でした。

私が高校2年の時、父が交通事故で入院しました。
この絶好のチャンスに、好奇心いっぱいで、私がその屋根裏部屋にしのびこみました。
想像していたよりはきれいでした。
ガラクタの横に漫画や古雑誌が整然と積んでありました。

続きを読む

↑このページのトップヘ