怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2015年04月

ちっとフェイク入れるから矛盾が生じても勘弁。

殺人事件が起きた。
被害者は既婚女性。
頭部を鈍器のようなもので殴打によるなんたらで死亡。
現場の状況、周囲への聞き込みから、担当刑事は容疑者は女性の夫ではないかと睨んでいた。
だが、凶器が出ない・・・。

犯行現場だけでなく、夫の職場に断って探してみるも出てこない。
ドラマと違って、現実は凶器が見つからないと色々と厳しいらしい。

続きを読む

不思議系の話で2つ程ご紹介・・・。

【思い出の心霊写真】
突然だけど、心霊写真の話。

子どもの頃、いとこ(三姉妹)と私ら姉妹、五人で写真を撮った。
お盆でおばあちゃんちに集まってたから、思い出に。
庭に止めてあった軽トラの前に5人並んで写ってるんだけど、軽トラの窓に死んだおじいちゃんが写り込んでた。
あまりにはっきりと写っていたので、大騒ぎになったw

続きを読む

後輩に聞いた話。

後輩は4人兄弟で、体験したのは1番上の兄貴。
その兄貴が小学校低学年の時の話だ。

その日、兄貴は友達数人と近くのグランドで野球をして遊んでいた。
グランドの周りは雑木林になって薄暗かったそうだ。
野球をしていた兄貴がふと雑木林の方を見ると、誰かがこちらを見ていることに気づいた。
よくみると、それは自分たちと同じ歳位の女の子で、木の陰から顔を半分だけ覗かせてこちらをじっと見ている。

知らない子だったが、ずっとこちらを見ているので一緒に遊びたいのか?と思った兄貴は、友達と相談して女の子に声を掛け仲間に入れてやろうということになった。
野球を中断しみんなで雑木林の方へ行くと、「一緒に遊ぼうよ」と、相変わらずこっちを見ている女の子に声を掛けた。
すると女の子は木の陰に顔引っ込めて隠れた。
兄貴達は女の子が恥ずかしがっているのかなと思い、「ねぇ」と声を掛けながら木の陰を覗き込む。
しかし、そこには誰もいなかった。

続きを読む

数ヵ月前の週末。

腹減ったからリビング行ってお菓子食ってたのね。
で、母ちゃんはソファで昼寝してて、俺適当にテレビ観てた。
そしたら母ちゃんが寝言言い始めて、誰かに道案内してるみたいだった。

母ちゃん:「はい、そうです。ここ曲がるんです、ここ左折です」

面白くてしばらく聞いてた。

母ちゃん:「そうです。そのまま道なりです」

そしたらいきなり「ピンポーン」とチャイムが鳴った!

一瞬、え?ってなった・・・。

続きを読む

民話収集してるが、岩手は遠野市に通いつめる渓流釣り師、その内の、少なくとも二人から聞いた話は印象に残っている。

遠野市の山峡には時折ヤマセがやって来るが、このヤマセの中で、ときたま、ざわざわとした何者かの声を聞くという。

ヤマセとは、春~夏に太平洋側からやって来る冷湿な風で、このヤマセが来ると遠野盆地はまるでドライアイスの煙の中に沈んだように、とっぷりと白く覆い包まれる。
特に標高の低い谷川などには滞留するそうだ。
日によっては手を伸ばすと掌が見えなくなるほど霧が濃い場合もあり、遠野に通う釣り人には、これに出会って山中に立ち往生を余儀なくされた人も多い。

続きを読む

↑このページのトップヘ