怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2015年05月

7年前、年が3つ上の兄貴が大学に通っていた頃に聞いた話。

兄貴は大学の理工学部なんだけど、よくオカルト好きな友人を家に招いては、霊や超常現象の話題で盛り上がっていた。
科学的な観点から、霊や超常現象の正体は何かと、酒を飲みながら結構真剣に話していたのを覚えている。

兄貴が大学4年になったあたりから、そのオカルト好きな友達がぱったりと家に来なくなった。
なんでも、病気になったらしくて、大学も辞め入院しているらしい。

それから数カ月経ち、俺は兄貴のオカルト好きな友人のこともすっかり忘れていたある日。
兄貴がふと思い出したように、その友達の話を始めた。

兄貴:「そういえば3日前に、あいつが俺の家に来てたんだよ」

続きを読む

深夜、友人と遊んだ後、漫画を読みにコンビニへ行った。

店内に客は自分だけ。
一冊目を手にとってふと顔をあげると、コンビニの前の道を白い傘を差し白い服を着た人が歩いてた。

”こんな時間に何してんだ?”と思いつつ本に目を落とした。

一冊目を読み終え、次に読もうと思っていた本を手に取り顔をあげると、さっきの人が前の道を歩いてた。

歩道とコンビニの間には駐車スペースがあるから、至近距離で見たわけじゃないけど、見た目も歩き方も同じだったから一目でわかった。
変だなとは思ったけど、いろんな人がいると思ってそんなに気にしなかった。

二冊目も読み終え、次に先ほど店員さんが並べてくれた今日発売の雑誌を手に取り、読む前に同じ姿勢で疲れた肩を回す。
すると、また前の道を歩いてる人が。
さっきと同じ白い傘をさした人。
さすがに薄気味悪かったので、そのあとは窓の外へ眼を向けず漫画に集中した。

続きを読む

-ある知恵袋によせられた質問-

ちょっと質問させてくれ。
M県にある有名な観光名所の滝であったことなんだけど。

近くには吊り橋とか神社とかあってなかなかの観光スポットなんだ。
でも最近自殺者が増えて、一部の遊歩道が立ち入り禁止になってしまった。

でもそういうのが逆に受けて、俺たちの中で格好の肝試しスポットになっていて。

んでこの前友達の男と二人で、なんとなくそこに行ってみようぜってことになった。
そのときは肝試しとかじゃなく、本当にただの暇つぶし。

現地に着いてぶらぶらしてたら、観光にきていた女の子二人組に道を尋ねられた。

「案内しますよ」と、観光ガイドのまねごとみたいなまねをやってたらめっちゃ意気投合。

地元のおいしい晩飯をごちそうするのを条件にこのあとも一緒に観光地を周ることになった。

続きを読む

みなさんは七人岬という話をご存知だろうか?
海で溺れた浮かばれない死者が七人に達すると、同じく七人を溺れ死にさせるまで不幸は続くという話。

これと似たような話が某有名心霊スポットにも有ります。
そこはかつて処刑場で、多くの罪人がむごい刑で命を失いました。
その刑場が廃止されるまで処刑された人数108人・・・。

その後しばらくその土地は手付かずだったのですが、大手企業が買い取り地上8階建ての大きなデパートを建てました。

そのデパートでは様様な怪奇現象があり、噂も耐えなかったのですが、ある日ついに大きな災害に見舞われました。

続きを読む

友人の話。
生まれる前から家にあった日本人形で、ちっちゃい頃よく遊んだらしい。
少し大きくなった友人はもうその人形とは遊ばなくなって押し入れへ。
何年もそのままで友人は人形のことは思い出すこともなかった。

ある日、12才になった友人は家族と年末の大掃除をしていた。
押し入れを整理していると”あの”なつかしい人形が。

しばらくして新学期になり、彼女の家に友人たちが遊びに来た。
友人は彼女たちと部屋で遊んでいるうち、だんだん悪のりしてきて部屋の隅に置いてあった人形の顔にマーカーで”お化粧”しはじめた。

それはどんどんエスカレートしてとうとうヒゲを書いたり、顔半分を真っ赤に塗ったり・・・と、人形の顔を滅茶苦茶にしはじめた。

続きを読む

↑このページのトップヘ