怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2015年07月

10年前の夏休み、母と1つ上の姉と共に母方の実家に遊びに行っていた。
そこは集落から少し離れた山の麓に在り、隣の家まで行くのに5分は歩くような場所だった。

当時、私たち姉弟の間で『学校の怪談』が流行っていたので、姉と密かに母の母校(小学校)を探検しに行く計画を立てていた。
以前、婆ちゃんと姉と山にゼンマイを取りに行ったときに、小学校の近くまで行ったので今回もその山道を通る事にした。

道路を通って行くことも出来るが、山道を利用すると往復しても1時間程度しかかからない。
当時から過疎化、高齢化が進んでいる地域で山は荒れ、草木は伸び放題、墓らしき岩や古い鳥居に小さな社のようなものもあったが、誰も掃除してないのか荒れ放題だった。

続きを読む

俺は病院に勤めてるんだが、あまり心霊体験には遭遇したことはない。
だが、洒落にならない嫌な体験は何度かしてきた。

死んだ人間より、生きてる人間のほうがよっぽど怖いってのはホントだなと心底思う。
二か月くらい前、ある患者さんが亡くなった。
死因は窒息死で、どうやら家族が差し入れた食べ物をコッソリ食べていて、それが喉につまったらしい。
そのひと自身は割りとしっかりした人で退院間近だったし、家族も優しい人ばかりだったので看護する側としてはすごく残念だった。
その家族も御遺体と対面したときは号泣していて、御孫さんから娘さん、御婿さんまで御遺体にすがりついていた。
その姿には人の死に慣れた俺たちもかなりグッときて、新人たちのなかにはもらい泣きするやつもいた。

続きを読む

2ヶ月ぐらい前に体験したことです。
もしかしたら夢だったのかもしれませんが聞いて下さい。

朝、起きたのが10時だった。

俺:「もう、10時か・・・」

現在、大学は9時半から始まるワケだが、いつも少し遅刻して行く自分は焦ることはなかった。
ちなみに俺の家から大学まで3分ぐらい付く距離。

朝の朝食(前日の残り物)を食べダラダラと支度をしてたんで、結局大学についたのが10時24分。(携帯で確認)

大学の中には人は全くいなかった。
というかゼロの状態。
自分は「皆、授業にちゃんと出てて偉いな」そんなことを思っていた。

続きを読む

心霊・幽霊系でいくつかご紹介・・・

【ファミレスの家族】
先日の日経夕刊のコラムに、深夜のファミレスは結構恐いよって話が載ってた。
コラムを書いてる小説家が知人のAさんに聞いた話。

Aさんが深夜のファミレスで仕事をしていたら、両親と小学生~中学生くらいの子供3人の親子連れの客がいたんだって。
時間帯が子連れ家族としては不自然である以外は、ごく普通の仲のいい家族という感じだった。

続きを読む

心霊体験かどうかは、わかりませんが2~3年前の出来事。

友人宅のアパートは日大の目の前。
お風呂トイレ、玄関、キッチン、リビング、ベランダって感じの部屋で、リビングの扉開けておけば玄関からベランダが見える間取り。

午前2時ぐらいに二人でテレビをぼーっと見ていたところ、なんか女性の声らしき音が聞こえました。
ちょっと怖かったので、気のせいと思い?と、聞かなかったコトに・・・。

しかし、数分後。

友人:「あのさ、さっきなんか聞こえたよね?」

私:「え・・・やっぱ聞こえてた?」

友人:「空耳だと思ったけどさ、やっぱ聞こえたよね。」

続きを読む

↑このページのトップヘ