怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2015年08月

ある日の夜、普段なら出不精の私が新しく買ったスマートフォンに付いていた万歩計機能を使いたいというのもあって、散歩に出かけることにしました。
散歩とは言っても、本当に家から5km圏内をダラダラと歩くだけ。

私の住んでいるところは住宅地だったため、基本的に道は舗装されていて明るいのですが、その日は住宅地から少し脇にそれた田んぼのある通りを散歩コースにすることにしました。
季節はお盆を過ぎたころで、夜風も少しひんやりとしていましたし、すれ違う人も少なく、快適な散歩コースでした。

ある程度の距離を歩いたため、ここらへんでひき返そうと踵を返しました。
一旦スマートフォンで歩数を確認するためポケットに手を突っ込むと、一緒にポケットに入れていたはずの家のカギがありません。

やばい・・・。

続きを読む

1988年にスタートし、現在も関西と中心に人気を誇るバラエティー番組に「探偵!ナイトスクープ」がある。
様々な謎や視聴者のお題にお笑い芸人扮する探偵が出向いて依頼を解決するという内容で、20年近くも人気を保っている長寿番組である。

20年もの間、人気番組を続けているので、現在の依頼数、解決数は膨大なものになっている。
そんな大量の依頼の中で、たった一つだけ「捜査打ち切り」になったものがある。

続きを読む

小学生の頃の話。
下校時、よく道路沿いの家と家の間の小道を通って帰っていた。
この小道を通ると近道になるというわけではなく、むしろ遠回りになるが、ある理由によりこの小道を通っていた。

その理由は後で説明するが、この小道は2メートルほどの高い塀に囲まれていて、入り口の両方の塀にお札のようなものが貼ってある。
かなり古く何が書いてあるのかもわからない。
距離はかなり長く、50メートルほど歩くと住宅街に出て、右に進むとさっきの道路沿いの道に出る。

続きを読む

とある医学部での出来事・・・。

その日は二人一組でお互いの唾液を顕微鏡で観察するという授業だった。

ある男子生徒はなかなか美人で、おしとやかそうな女子生徒と組を作って、周りのみんなと同じように、唾液の様子を観察し始めた。

そこで、彼は驚くべきものを発見してしまう。

続きを読む

仮称Aってダチがいた。
小学校の頃はよく遊んでたし、良いやつだった。

何歳の頃だったかも覚えてないけど、誕生日会に呼ばれた。
リビングに通されると部屋の中が暗かった。
Aが泣きそうな顔だった気がする。

Aのお母さんが出てきてカーテンを開けた。
すると一部だけ濡れた布団がベランダで干されていた。
Aは母親の袖をひいて泣き喚いていたが、当の母親はにたにたと笑っていた。
Aがおねしょをする度にどれだけ大変か、その誕生日会はAの母親の自慢話大会となった。

続きを読む

↑このページのトップヘ