怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2015年09月

霊的な話じゃないかもしれないけど、かなり最近びびった話

今週受験があったんだ。
俺は地方に住んでるから、試験会場は近くになくて一人で会場行った。
でも、周りの奴ら友達と来ててかなりアウェイなわけで朝から憂鬱だった。
実際、かなり暇してた。

続きを読む

俺は霊を全く信じていなかった。
いるわけがないと思ってたし、いわゆる心霊スポットなんかに行っても、全く怖くないから、どうやって一緒に来た奴らを驚かそうかということだけ考えてきた。

時間が許せば、心霊スポットに事前に一人で出かけ、仕掛けをしてその後で友達を誘い心霊スポットに出かけていた。
そこで驚かせた後、必ずネタばらしをして最後にはみんなを安心させていた。
趣味は悪いが、仕掛け自体は簡単なもので張った糸に足がかかると、何か物が倒れたり、音が鳴ったりするくらいで大したたものじゃない。

続きを読む

去年の、冬ももう間近なある夜に起こった話です。

この話は、今まで誰にもしていません。
自分なりに裏付けを取ろうと思って、地元の怪談話や伝承なんかも調べてみたんですが、特にこれといった話はありませんでした。

私は大学三年生で、いわゆる走り屋をやってます。
その日は11月にしては暖かかったと記憶しています。
そろそろ凍結も怖いし、今年の走り収めにするかといつもの某峠に走りにいきました。

私は勉強の気分転換に走りに行くことが多いため、走るのは夜中から明け方にかけての時間帯で、他の走り屋連中に遭遇ことは滅多にありません。
その日ももうみんなとっくに上がってしまったようで、山は静まり返っていました。

続きを読む

母方の祖母の家の玄関に、鬼(なのかな?)のお面が飾ってあるんだけど、小さい頃から「怖いなー」と思って見てた。
真っ赤で魔除けのお面・・・ていう感じがして、恐ろしいの一言に尽きる。

で、そのお面は天井と壁の間ギリギリのところに掛けてあった。
天井と壁の間から顔を出す感じで。

続きを読む

20代のころバイクにはまってて、休日にツーリングには行ってましたが、それだけでは足りず、横浜での仕事(20:30頃まで)の帰りに、週に1,2回はソロで夜間ツーリングに行ってました。

夜間ツーリングといっても大抵は、三浦半島を半周くらいまわったり、首都高走ってPAでのんびりしたり、24:00頃には東京の自宅に帰り着くようなミニ・ツーリングです。
翌日仕事休みで気温もちょうどいい感じの夜、ちょっと遠出がしたくなり、東名から箱根に足を伸ばそうと思いました。

続きを読む

↑このページのトップヘ