怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2015年09月

百年の歴史のある、某高校の話である。

都内の閑静な住宅街にあるその高校には、いくつかの怪談話がある。
外国人墓地を埋め立てての立地のため、深夜に外国人の兵隊が行進している、とか、誰もいない筈の教室に白い格好をした女性が入っていくのを見た、とか・・・。

その高校の三階に、封鎖されたトイレがある。
三階の北側の男子トイレ。
入って左には小用の、右には便座のついたトイレがそれぞれ三つある。
その一番奥の便座のトイレが、閉ざされたままなのである。
この理由については「ただ単に故障しているだけ(職員)」、「昔、そこで手首を切った生徒がいる(生徒)」などとさまざまな噂が囁かれていた。

続きを読む

春吉は昔「春吉村」という集落で、主に黒田藩の足軽達の居住区だったらしい。

中洲と隣接していたり、当時の低い身分の人々との居住区が隣接していたりという事で、よく動物の肉売りや皮革職人も物売りに来ていた。
近代に入っても猪の首を自転車に乗せた猪肉売りが来ていたらしい。
要するに階級身分と被差別階級とが入り乱れていた地区。

続きを読む

数年前に勤めていたバイト先での話です。

そのバイト先のオンボロ工場は4階建てですが、使用されているのは、1階と2階だけです。
3階と4階は十数年前までは倉庫として使われていたそうですが、現在は全く人の出入りはありません。
社員の話によれば、施錠されたまま鍵も紛失してしまって、そのまま、無駄な上のフロアの放置を気にするものは誰もいなくなってしまったということなのだそうです。
倉庫の中に何が仕舞われていたのか、最後に使用されたのがいつなのか、もう誰も覚えていません。

ある日のことです。
1階と2階との間のみで往来する汎用のエレベーターが故障してしまって、普段ほとんど使用されたことの無い貨物専用のエレベーターが臨時で使われることになりました。

続きを読む

毎年この日になると泣きそうになりますが、あれから10年なので良かったら聞いてください。

僕の地元には月夜神社?寺?という神社か寺にしては、はっきりせず(以降神社にしておきます)妙に気持ち悪い建物があります。
もちろん親には近づくなと言われ続けてたわけですが、そんな事を言われなくても、遠目からでも解るくらいの不気味なその雰囲気と禍々しさによって僕は絶対に足を踏み入れる事は無いと思っていました。

しかし、ペットのニコが散歩中に猛烈に何かに吠え、神社に向かって一直線に走って行った為、仕方なく、後を追いかける形で僕も神社に向かいました。

続きを読む

前に住んでたマンションでの出来事。

当時私と姉は小学生で、なんだかんだ仲良かったんだけど、ある日姉がマンションの下の駐車場で遊んでたら、ふっと上から視線を感じたらしい。

んで、上を見てみたら6階くらいの廊下から長い黒髪に白いワンピースを着た顔面蒼白の女の人が姉を見下ろしていたらしい。(見下ろすというよりは睨んでたらしい)

で、帰宅後に話を聞いたんだけど、林間学校での発禁になった心霊写真の話さえあっけらかんと話してた姉がガチでビビってた。(林間学校の夜に部屋で撮った写真の背景の窓に緑色の人が写ってたらしい。あまりにも怖すぎるから担任がその写真だけ売らなかったってお話。)

続きを読む

↑このページのトップヘ