怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2016年01月

調度1ヶ月くらい前の事だ。

俺は京都に住んでるんだが、いままでオカルトなんぞに関わった事のない26歳。
そんな話はさておき、俺の住んでるアパートの横では、新しく家を建てるとかでその基礎工事が行われていたんだ。

だが1ヶ月前は台風6号だっけ?四国でそれたあの台風よ。
あの台風のせいで京都は風が強かったり、突然雨が急に降ったり、メンドクサイ天気だったんだわ。

ちなみに俺の仕事はドカタだから、しばらく休みになったのよ。
で、ドカタなもんで、朝作業着で出勤だから、その隣の工事のおっさん共とすぐに仲良くなったんだ。
この仕事はどうだとか、景気がよくないからどうだとかね。
台風が近づいて、このままのペースだと関西通るのは間違いないってことで、俺は親方から明日は仕事を休みって聞いたので、のんびりしていた。

続きを読む

ちょっと前のことだが、JR新小岩駅のホームで変な男を見た。

サラリーマン風の男が「僕の腕知りませんかー僕の腕知りませんかー」と甲高い大声を上げながら、ホームを行ったり来たりしている。

ちらほらとまばらにいる他の乗客は無視しているのか、男を見ようともしない。
左右どちらだったか思いだせないのだが、男は片腕がないようだった。
スーツのアームホールがひらひらとたなびいていた。
男から目を離し携帯を見ている間にどこかにいってしまったのか、男の声は聞こえなくなった。

続きを読む

怖い話してると霊が寄ってくるって話で思い出した。
小学生の頃に、友人宅で5人くらいで集まって怖い話をしてたときの話。

学校の怪談、都市伝説みたいな・・・さほど怖くない話をしてたんだけど、部屋の電気を消して、カーテン締め切ってそれなりに雰囲気があったせいか、それなりに盛り上がってた。
ボタンを押すと軽快な音楽が鳴るラジオ型のおもちゃがあって、どうしても怖くなった時はそれを押して怖い雰囲気吹き飛ばす!ってことで、それを5人で囲んで話をしてたんだよね。
でもちょっと怖い話でもそのボタンを押しちゃって雰囲気ぶち壊しw
それを何回か繰り返してた時に、この家に住んでる女の子が、「自分の家には幽霊が居る」みたいな話をし始めた。

続きを読む

5年前まで京都に住んでてな、俺は大学生でコンビニでアルバイトしてた。
そんで、俺の通ってた大学ってのがまた田舎っていうか、山の中に校舎あるのよ。
敷地内にリアルに『猪注意!!』なんて看板あるわけww
ぶちゃけ↑で大学、特定されそうなんだが。

まぁ、そんな大学に歩いて5分弱の所に住んでた。
こんな所だから、街灯なんてほとんどないのよ。
マジで真っ暗。
当時は、流石は京都!風情があるぜ!とか思ってたw

続きを読む

20年以上前、うちの爺さんの話。

爺さんは近所の山で野鳥の写真を撮るのが趣味だった。
ある日、山から戻った爺さんをみて皆驚いた。

背中に大きな切り傷があり血まみれ、全身擦り傷だらけで服はぼろぼろ。
右手の小指が折れており、変な方向に曲がっていた。

どうしたのか?と尋ねると「それがよう、山でよう、バケモンと一戦交えてきたんだよ。危なくやられるとこだった」という。
家族全員呆れたが、話を聞いてみた。

続きを読む

↑このページのトップヘ