怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2016年04月

十年くらい前にデゼニランドで見た光景。

スペースマウンテンの列に並んでいた時、4~5組ほど前の方が何やら騒がしい。
注意して様子を見てみると、どうやら親子連れの子供の方が泣き叫んでいる。(両親と10歳くらいの男の子)
怖くて乗りたくないと泣き叫んでいる男の子に、あろうことかその母親はゲンコツで子供の頭を殴り、「ばかやろう!お前が乗らなきゃ、お母さんかお父さんがお前についてなきゃいけないんだよ!乗れなくなっちまうだろう!」という主旨のことを怒鳴っている。
父親も同じことをわめいている様子。

俺も周りの人達もヒソヒソと「ひでー親」とか言いながら呆れ顔で見ていた。

続きを読む

国民的アイドルグループSmapの解散騒動でジャニーズ事務所とSmapの間で何が起こっているのか。
いろいろな都市伝説が流れる中、ついに1月18日にSmap5人が「SMAP?SMAP」の一部番組内容を変更して生放送で声明を発表した。

5人での声明発表にSmapは解散を回避したが、生放送の内容に不自然な点があるとネットで話題になっている。

その都市伝説とは「キムタクは未来からタイムスリップ(タイムリープ)してSMAPの解散を回避したのでは?」という話である。

なぜ、そんな都市伝説が流れているかというと・・・。
生放送の時にキムタクが冒頭で「今日は2016年1月18日です」と言ったからである。
確かに謝罪会見で冒頭に日にちを言う必要性はない。
キムタクはその時、何らかの理由で日付を意識してしまったのだろうか。

続きを読む

私が結婚情報サービスで体験した、あまりに異常な体験を報告します。

さんざん苦戦したあとにある女性と意気投合し、トントン拍子に交際が進み正式交際からプロポーズ受諾となりました。
私のことを偉く気に入ったような口振りで絶賛されていました。
しかし、その割には、いつも自分の話ばかりでこちらのことは何も聞いて来ないのが引っかかりましたが、”女の子の話は聞いてやるものだ”と自分を納得させていました。

その他にも、口さえ開けば「母はこういっていた」という三十路半ばにしては、異様なほどの母親への傾倒ぶりも気になりました。

その後、こちらの両親への紹介の後、態度が一変しました。
先方への挨拶は口実を作って先送りされたうえで、向こうの親は一切会おうとせず、そのうちにあれこれ下らぬ言いがかりをつけられた挙げ句に「メールだけで」交際終了を告げられました。

続きを読む

H県K市の某集合住宅で母親と二人暮らしをしていたアキちゃん(仮名)の体験した話。

当時小学3年生だったアキちゃんは母親と集合団地の一室で二人暮らしていた。
両親は離婚調停中であり、去年までは父親と三人で暮らしていたのだが、今は別居状態であり父親のみ勤務先の近くで暮らしているためだった。

両親は二人共親権を強く主張しており、どちらが親権を得るかを近々話し合うことになっていたが、その時点ではまだ去年まで三人で暮らしていた団地に母親とアキちゃんのみで生活していた。

母親は女手一つでアキちゃんを育てるため昼はパート、夜は自宅での内職を行い、毎晩遅くまで働く生活を送っていた。

続きを読む

俺の話じゃなくて、大学の同級生っていうか、知り合いの話なんだけどさ。

友達って言わないのは、そいつがちょっと最低な奴でさ。
なんでかって言うと、趣味が盗撮なんだよ。
無音カメラってあるじゃん?
あれでところ構わず他人を撮るんだよ。
バカッターに上げないだけマシだけど・・・・・・。

時々、ニヤニヤしながら写真を俺に見せてきて、赤の他人に対して好き勝手言うの。
最低だろ?

で、そいつがある時、「心霊写真が撮れた!」って、鼻息荒くしながら言ってきたんだよ。
いつもならこいつの写真話には適当に応じるんだけど、ほら、俺はオカルト好きだから。
今回だけは食いついたんだ。

続きを読む

↑このページのトップヘ