怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2016年07月

食事をしてすぐに「食べたばかりなのにお腹すいてるの?」というぐらい、他人が聞き取れるほどはっきりとお腹が鳴る人がいる。

早食いをしたりすると、一緒に空気まで飲み込んでしまい腸が無駄に動いてしまう。
この無駄な動きが原因で、食後すぐなのにお腹がなる。

続きを読む

俺はペットOKのマンションで一人暮らしなんだが、つい最近猫を一気に5匹買った。
なぜかと言うと仕事で少し失敗をしてしまっただけなのに上司がぐちぐちとねちねちと言ってイラついたから、衝動買いというもので・・・。

本当は2匹までなんだが仕事からのストレスがあり、とにかく反抗したいという気持ちができて5匹。
だけど、小さい猫は高くて猫のトイレ、砂、ご飯合わせると大変になると思い、1匹は3才の猫を約10000で買った。
2匹目は安い1才の猫を88100で買った。
3匹目も4匹目も5匹目も88100で買った。
みんな可愛くてたくさん遊んだ。
そのうちの一匹は扉を開けるという特技を身につけた。

続きを読む

今は亡き父が子供の頃に体験した話です。

私の父は、生前、事あるごとにこの話をよくしていましたので、よほど印象深い出来事だったのだと思います。

父がまだ小学校低学年だった頃、家の周りはまだ畑や田んぼ、小高い丘ばかりであったらしいです。
そんな頃、学校が休みであったため、家の近所をブラブラしていたら父の父(祖父)が釣り道具を持って歩いてきて、父を見て「おい、暇なら一緒に釣りに行くか?」と言ったそうです。
当然、暇だった父は喜んで一緒に釣りに同行する事にしました。

続きを読む

私がこの話を聞いたのは5年ほど前。
今は更地になっているが、実家の隣にあった家に幽霊が出ていた。
20年ほど前に、隣の空き家を工事現場の事務所兼宿舎として貸し出していた時に出ていたそうだ。

目撃者はその宿舎に長期の間泊まっていた職人のおっちゃん達。
我が家は定食屋を営んでいたので、そのおっちゃん達はよく来てくれたし、小学生の私をかわいがってくれた。

幽霊はかなり頻繁に出ていたようだ。
なんでも、2階で寝ていると全員就寝したのを確認しているのに、姿のない何者かが1階から階段をゆっくりと登ってきて扉を開け、寝ている皆の枕元を歩きまわるそうだ。
古い家特有のミシミシという音も相まって、それはそれは不気味だったと聞いた。

続きを読む

私の家は犬を沢山飼っていて、中学生の時は小型犬が5匹暮らしていました。
中には私が産まれる前から暮らしていた子もいて、私にとっては実の両親や兄弟たちより親しい存在でした。
そんな犬たちが関わるお話です。

中学二年生の確か四月の中盤ごろでした。
ある真夜中、私は妙な寒気に襲われ目が覚めました。
もう大分暖かくなっているのに変だなと思いつつ、ついでにトイレに行こうと襖を開けると、犬たちが玄関のほうを向いてじっと座っていたのです。

続きを読む

↑このページのトップヘ