怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2016年07月

近年、精子の活動が弱くなり不妊症の原因になっている。
精子の活動が弱くなっている原因として、電化製品の普及による電磁波が原因となっているという研究報告が多数ある。

スマホから発生する電磁波と不妊症に関する研究が行われ、スマホの利用時間など利用状況や使用するときの股間までの距離など、条件を変えながら精子の活動など精子の質がどう変わるか確認していった。

研究の結果、下記のことがわかった。

・股間までの距離が50センチ以内だと質が低下。
・1日1時間以上のスマホ使用で質が低下。
・充電しながらスマホ使用で質が低下。

あなたはスマホをどう使っているだろうか?

続きを読む

夏で思い出したので。

小学生~中学生向けの企画のキャンプがあって、岩手の方にあるキャンプ場に行った。
年1回やってて、俺は従兄弟に誘われて小2のころから小6まで5回行ったが、怖い?というか不思議な体験は小6のころあった。
ちなみにキャンプ自体はめっちゃ楽しかったし今でもたぶん続いてると思う。

簡潔にまとめるけど、2日目の夜に目が突然覚めてテントから出ると、誰かが立ってて、こっちに来いと言ってる気がした。
なんでだかよくわからないんだが、その人を疑いもせずそのままついて行った。

続きを読む

愛妻家と聞くと、妻を愛し家事を手伝ったり、家庭優先な既婚男性のことを思い浮かべるだろう。

「もしかしたら気があるのか?」
「口説かれたらどうしよう」
「雰囲気に流されたら」

・・・など、女性は少なからず男性に対して警戒心を持っているが、普段から愛妻家であることを公言したり、妻や家庭を大切にしている様子を見せていると、女性のこうした警戒心が弱くなる。

愛妻家は自分のことを異性として好意をもっていないと錯覚してしまうからだ。

続きを読む

友達から聞いた話・・・。
都市伝説みたいな感じだけれど、聞いた時にマジでびびったので書かせて頂きます。

友人の従兄弟からの話だそうで、我が町に有名な大きな墓地があるんですが、絶景の夜景が見えるスポットでもあります。

そこで男二人が女っ気もなく、ある夏の夜にドライブに出掛けたとか・・・。

墓場の開けたところから見える夜景に目を見張るよりも、所々に停まる車の方が、羨ましくて仕方ない。男二人でこんなところにいても、むなしいだけだと帰ることにしたそうです。

両幅を墓に囲まれた道を下って行くと、道路の側溝に向かって立つ若い女の子が二人いたので、歩いて夜景でも見に来たのかと、ちょっと声を掛けました。

続きを読む

寝るのが惜しい、もったいない・・・。
明日のことを考えると憂鬱で眠れない・・・。
なんとなく感じているモヤモヤが原因で夜更かしをしてしまうことがある。
眠たくないわけではないが、なんとなく寝付けない。

テレビを見たり、スマホでネットや動画、ゲームをするなど睡眠時間を削らなくてもいいようなことをしてしまうのは、充実していない一日を過ごしたため、不完全燃焼で充実感の欠如してしまっているのが原因。

一日が充実していなかったことがストレスとなり、そのストレスを発散させてから眠りたくなる。

続きを読む

↑このページのトップヘ