怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2016年08月

俺、東京のアパートで暮らしてる。
俺、酒はあんまり好きじゃない。
甘いモノが好きだ。

3日前の日曜日の昼、部屋で寝てたらドアがノックされた。
出てみると母親が立ってた。
東京で元気に暮らしてるか心配で訪ねて来たんだと。

「なんで連絡しないでいきなり訪ねてくるんだ!!?」と、文句言おうと思ったけど、我慢して母親を部屋の中に入れた。

続きを読む

小さい頃親友がいた。
親友と言っても人間じゃなくて猫。
普通の猫より一回り程大きくて、いつも堤防にある陸橋の下にいた。

いつの間にか仲良くなっていた俺達。
いつもキャッキャはしゃいでた俺を、目を細めながら見守っててくれていた。
友達と言うより、婆ちゃんと孫みたいな感じ。

猫の名前はコハク。
ずっと昔に人に飼われていたらしい。

俺達は会話ができた。
疑問は持たなかった。
いつも言われる言葉は「車には気をつけてね」。

続きを読む

中学生の時の話。

弟(当時5,6歳)と剣道の道場に通っていたときのこと。

道場の近くにでっかい交差点があるんだけど、そこの横断歩道で信号が赤から青に変わるのを待っていた。
向こうに同じ道場の友達とその親が待っていた。

信号が青になった。

それでなんか不思議なんだけど、まったくぱったり一台の車も通らないような状態になっちゃったんだよね。
そこ結構交通量の多い交差点なんだけど、深夜みたいな静けさ。

「すっげー、嵐の目だ!」と思いながら、弟の手をひいてテクテク歩いていった。

続きを読む

人には言った事の無い秘密。

どうも職場の先輩女性(独身)が発狂しているらしいこと。

先日、先輩に招かれて彼女のアパートに行ったらアゼン。
狭い部屋の中に4匹くらいの犬が走り回っていた!
モルモットやらウサギやらもいて、ものすごい異臭。
フンもほったらかし・・・。

しかもペットはダメなアパートらしいので、苦情は出ていると思われるが、彼女は一向に気にする様子はナシ。
「だって、私が面倒みなかったらこの子達保健所いきだよ!そんなひどいことできない」とのたまうのだが・・・なんか、そういう次元の問題じゃない。

続きを読む

千歳の有名な円形マンションの話。

千歳には有名な心霊スポットで、「空の境界」とかの作中で使われた建物のモデルにもなってるマンションがある。
建てられた当時から、居るはずの無い子供がはしゃぎまわる音がするとか、エレベ-ターに女の幽霊が出るとか、その手の怪異が続発したらしい。

あと、一階部分はテナントで産婦人科があったんだけど、火事を出して職員とかが何人かなくなって院長も責任からか焼け焦げた院長室で首吊って自殺して閉院、その後そのテナントは今も次の借り手はまだいない。

聞いたことある奴もいると思うけど、テレビ局の企画で今は懐かしいギボ愛子が除霊にきたんだけど、マンションに入るなり失神してしまってその企画はお蔵入りになったとか言う逸話もある。

続きを読む

↑このページのトップヘ