怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2016年11月

話しても信じてもらえないだろうと心のなかに留めておいた、自分自身におきた不思議な体験をここに書きます。

今から約三年前、高校一年のときに自殺しようとしたんだ。
理由はメンタルヘルス案件だから省く・・・。

家出をして、夜中11時頃に大阪の西○条に着いた。
しばらく家族のこととか考えて適当に歩きまわって、携帯を確認したら知らぬまに夜中の2時頃になっていた。
携帯は機内モードにしててGPSが起動できないようにした。

ふと目の前に5階建てで階段が外についてるグレーの建物があって、そこで飛び降りようと決意した。
他にも高いマンションとかあったけど、入り口が入れないところしか見当たらなかった。

続きを読む

私が子供の頃に、父親から聞いた話なのですが、私の家の近くに商店街がありました。
商店街の真ん中ほどに大きな肉屋があり、その肉屋には色白で綺麗な娘さんがいました。(実際私も、何度か見ましたが、子供の私でも綺麗だということはわかっていました)

肉屋の中には、見たことがあるかと思いますが、よく大きな冷凍庫に大きな豚の肉が吊してあるにを見たことないですか?
子供の私にはその豚の肉が巨大に生物に見えた物です。

その肉屋の娘の年頃になり、娘さんは、結婚し嫁いで行きましたが、1年後に離婚し、実家に帰って来てしまいました。
そのときは、「あんなに綺麗な人をもったいない」と近所の噂になっていましたが、そんな、綺麗な女性を世間の男はほっておくわけもなく、離婚後1年で再度、嫁いで行きました。

続きを読む

インフルエンザで高熱が出て寝込んでいた時、変な夢を見た。
当時チワワを飼ってたんだけど、そのチワワが枕元にやってきて「生きてるか?」って日本語で声を掛けて来た。

ぼんやりした頭で「あれ?いつの間にしゃべれるようになったんだ?」って思ったら、「もともとしゃべれるんだよ。能ある鷹は爪を隠すって言うだろ?」って言うんだ。
そこで頭がシャキーン!として(って言っても夢の中だけどねw)「思考を読まれてる!怖い!」と思った。

続きを読む

俺が中学生の頃体験した話。

その日は仲の良い友達三人と俺で、いつものように帰り道を歩いていた。
しばらく歩き、友人Yの家の近くにさしかかった時、ガキ大将Oがニヤニヤと笑い出した。
気になった俺がどうしたのか、とたずねてみると、Yの家の少し横にある病院を指差してOが言った。

O:「あそこに道なんてあったんやなwちょっと行ってみらん?」

Oの指差す方を見ると、見慣れた病院と、見慣れない小道があった。
あんなところに道なんかあったかな?なんて疑問に思いつつ、俺はその道に踏み入っていくOを追っていた。

その道はかなり不気味で、草木が生い茂り、しゃんがんだ状態の人間が1人通れるかどうかという狭さだった。

俺たちはOを先頭に一列に並び、不気味な小道を這いながら進んだ。

続きを読む

ひとり暮らししていたOL時代、仕事の帰りに子猫を拾った。

電信柱の影で「みゃあみゃあ」と泣いてて、その愛らしさにハートを射ちぬかれ抱いて帰った。

そうは言っても当時住んでいた1DKのマンションは当然ペット飼育禁止。
引き取り手のアテはいくつかあったので、とにかく数日間だけ世話しようと思った。
もしオーナーに見つかったら、正直に話して1日か2日待ってもらおうと安易に考えていた。

マンションは5階建ての5階。
女のひとり暮らしなので戸締りはきっちりしてある。
帰宅して玄関に入ると、いつものように鍵とチェーンを掛け、それから子猫を床に降ろした。
すると、トットット・・・とベッドの下に潜り込んで行った。
覗き込むと、薄暗いベッドの下でジッとしてこっちを見てる。

続きを読む

↑このページのトップヘ