怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2016年12月

母が高校生の頃にこっくりさんやらエンジェルさんの類がブームだったらしく、母も嫌々ながら友達に参加させられたらしい。

教室の窓やドアを締め切り、一つの窓だけほんの少し開け(霊が入ってくるように)、50音順に文字書いて10円玉をセット。
4人でその10円玉に人差し指を置いて、質問を何個かしたら動いてワーキャー騒いでたそうな。

質問を一通り終えて「おかえり下さい」と言うと、10円玉が全く動かない。
母が試しに自分で動かそうとしても、10円玉が固まったみたいにその場所から動かない。

続きを読む

瀧廉太郎(たきれんたろう)という人物をご存じだろうか。

日本において最も早く日本語によるオリジナル唱歌を作った一人だ。
「荒城の月」「箱根八里」「花」「お正月」「鳩ぽっぽ」など、日本人では知らない人はいないだろう。
だが彼が不遇の人生を歩んだことについて知る人は少ない。

当時、瀧は多くの唱歌を作り人気を博した。
だが、その活躍に眉をひそめるもの達がいた。
それは当時の文部省に関係する人物達だ。

若くして才能にあふれる瀧に嫉妬と恐れを抱いた彼らは、ついには瀧に無理矢理ドイツへの留学を命じた。

続きを読む

友達の体験談。

友はあるネトゲのギルドに属していたんだが、なかなか人気があり、そこそこの地位を得ていたらしい。
※ギルド:何らかの目的の下集まった集団

そんな友はネトゲ内での友達も多かったのだが、一際異彩を放つプレイヤーがいた。
Aさんとしておく。

Aさんは対人戦が極めて得意で、ただの熟練者という言葉で片付けられるものじゃなかったそうだ。
それ以外にも奇妙な発言をしたり急にログアウトしたり、ちょっと電波な人なのかなーなんて思ってた。
ただそういう事を除けば普通に話せる人だったので、そんなに気にしていなかったらしい。

続きを読む

小学校に入学してすぐの頃、担任の先生に、「そういえば昨日、スーパーでA子ちゃん(私)のお祖父さんにばったりお会いして挨拶してもらったよ」と言われた事。

私の両親はどちらも子供の頃に父親を亡くしていて、母子家庭育ち。
なので私に『お祖父さん』は居ない。

続きを読む

↑このページのトップヘ