怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2016年12月

第一次世界大戦中の1917年にポルトガルの小さな町ファティマに聖母マリアが姿を現し予言を残した。
この出現と預言をローマ教皇庁が奇跡として認めいる。

■始まりの1916年
ファティマに住む3人の子ども(ルシア、フランシスコ、ヤシンタ)の前に、「平和の天使」と名乗る14~15歳ぐらいの若者が現れ、祈りの言葉や祈り方を教える。


■1917年5月13日~
3人の子どもたちの前に「聖母マリア」を名乗る婦人が現れる。
毎月13日に会いに来るように言われた3人の子どもは、婦人に合い続ける。
そしてさまざまな予言を3人に伝えた。



続きを読む

↑このページのトップヘ