怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2017年11月

他人からしたら「だから?」っていうかんじですが・・・。

祖母がまだ生きてるときに、「私も先長くないから、何か買ってあげる。なんでも言ってみなさい」といった。
俺は、「じゃあ、新しい自転車がほしい」といった。

数日後、俺は祖母と自転車を買いに行った。
祖母は俺の喜ぶ顔を見てにっこり笑った。

しかし祖母は一週間後、昔からの持病で亡くなった。
俺はその自転車を祖母のように大事にした。

一年後の夏、祖母の買ってくれた自転車で峠を下っていた。
左側は絶壁だ。

続きを読む

姉が体験した話です。
お気に召さなければスルーしてください。

今から十数年前のある日曜日、姉は彼といつものドライブコースを走っていました。
田舎の山道ですが、昔から使われている裏道で交通量もそこそこあります。
目的地に向かって走行中、突然雲行きが怪しくなりました。

まだ昼だというのに辺りは薄暗くなり、霧がかかってきました。
すぐに前の走行車両も見えない程の霧になりました。

続きを読む

深夜2時を回ってた。
県境の某トンネルの入り口に差し掛かった時、電話ボックスに白いブラウス赤いスカートの女性がいた。

そのときは何気なかったが、トンネルに入ってから気になった。

こんな深夜に、車のトラブルかな?
だったら助けないと・・・。

そう思ってトンネルの中でUターンしたんだ。

しかし、電話ボックスに着いたんだけど、そこには誰もいなかった。

でも、さっき白いブラウス赤いスカートの女性は確かにそこにいたはずだ。
見間違いでは無かったはずだ。

続きを読む

数年前に子供の頃不思議だった物が繋がった話。

5歳くらいの記憶で、よく畑仕事に兄と付いていっていたんです。
畑から数十メートル離れた場所には、大きな岩が何個も無造作に積み上げた状態で置かれていて、偶然積み上げ方から岩で作ったカマクラ風でした。

入り口は狭く子供がようやく入れるような感じで。
中は意外と広くなっていました。

子供からしたら「秘密基地」みたいな感覚で凄くお気に入りになりました。
いつものように畑に連れて行かれ、兄とその秘密基地へ入り込みました。
しかし、その日は兄がお菓子を持ってくると言って一旦出て行きました。
秘密基地の中には自分ひとり待ちました。

続きを読む

今は出た実家での出来事。

自分は妹と二段ベッドを使っていた。
自分は上、妹は下。
寝室は2階で吹き抜けがあり、大人の寝室と便所、子供部屋と子供寝室の間取り。

ある夜、姉妹で二段ベッドで寝る前に今日の一日を語り合っていた。
時間は夜21時を過ぎていたと思う。
両親は一階のリビングでテレビを見ていた。

2階は子供寝室以外は真っ暗。
私は二段ベッドの上から妹に話しかけていた時、ふと何かを感じ半開きのドアを見ました。

続きを読む

↑このページのトップヘ