怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

2018年02月

僕が高校生の時に写真サークルに入っているときに先輩から聞いた話。

今はレンタルビデオで勤めているが、先輩はビデオバブルの怪人○山昌男並に地元の映画ファンやアニメオタクから一目置かれている。
まあ僕も時々顔を出して映画の話をするのだが。

先輩はホラー映画好きで、僕も先輩の影響でホラー映画をよく見るようになった。

ある時、先輩は「ナ○トオブザリビングデッド知っているか?」と。

僕:「ロメロのゾンビ映画のですか?」
先輩:「お前あれは何で昭和40年代に公開されなかったと思う?」

僕:「あれはモノクロだし、そんなに有名な俳優が出ていないからでしょ?」
先輩:「Aちゃん違うんだよこれが、実は公開される予定だったんだよ」

先輩は重い口を開いて、事実を話した。

続きを読む

今年始め仕事辞めてダラダラ過ごし最近ハローワーク通い再開した。
ハローワーク行ったら同じ店でバイトしてた子がいた。
店は住んでる所からそれなりに離れた町にあったので驚いた。
聞けば店が潰れたらしい・・・。

まあイジメの絶えない最高に糞な職場だったし、糞上司のイジメが酷過ぎて辞めたものだから『潰れたんだざまぁ』なんて笑っちゃったんだが、それまた洒落にならない状態らしい。

辞めた直後だが糞上司は事故起こしてつるんでた同じ店の別担当者とかパートのおばちゃんとか、家庭不和やら親が死んだやらで仕事に集中できなくなったとか。

続きを読む

ちょっと用事で南米に行ってきたんだけど、滞在先の近くの地域がどうも治安最悪らしくて。
それだけならいいけど、勤め先に行くのに車でその治安悪そうな地域を通るか、ぐーんと遠まわりするかの二択だったんだよ。

同僚にも「あの辺りは日本人が近づくような場所じゃないからマジでいくなよ」って言われてたからずっと遠回りしてた。
スリとか乞食とかと一緒に出勤って感じでひと時も安らげなかったよ。

そしたら日本に帰るちょっと前にいつもみたいに帰宅のバスに乗ってたら、いきなり軍服で拳銃をベルトに携帯した連中が乗ってくるんだよ。
誰かが俺の事チクったんだと思うけど、いちもくさんに俺の所にきて早口で話しかけてきて、よく分からないと身振り手振りで説明したらゆっくりと喋ってきた。

続きを読む

10年くらい前、俺がまだ修行僧だった頃の話。

大学を卒業したものの就職に失敗して(当時はいわゆる就職氷河期)しばらくフリーターしてんだが、爺さんが寺の住職だったこともあって親父に「坊主の修行でもでしてこないか?」と言われた。
将来に不安もあったし、まあダメだったらまたフリーターに戻ればいいや、という捨鉢な気持ちでN県の修行寺に入った。

最初は修行生活きつかったんだけど、恐ろしいもんで人間どんな環境でも慣れる。
半年もすると、案外普通に修行生活に順応してしまうもんだね。

続きを読む

小学校3年くらいのときに大きい団地に住んでおり、その団地の子たちはみんな自分と同じ学校に通っている。

ある日、その団地の道を歩いていたら、マンション上層階の踊り場のような所に自分達の団地の人間ではない男の子3人が居た。
彼らが何故かこっちを見て笑いながら話しをしている。
よく見ると指を指して悪口?を言っているようだった。

その時は悪口に苛立つ事よりも「あいつら誰だろう??」という思いが強かった。

翌日、学校の友達に話すと、そいつらがどこの誰なのか確かめようという事になり、友だち5人+自分の6人で昨日彼らを見かけた現場に向かった。

続きを読む

↑このページのトップヘ