怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 心霊・幽霊系

まだ男性が腰に刀を差していた頃の話。

ある旅の夫婦が、とある山中で道に迷ってしまった。
あたりもだんだんと薄暗くなり、どうしようかと迷っていたところに若い女に遭遇。

聞けば、女も道に迷ったという。
女一人では心細かろうと、夫婦は女と一緒に行くことにした。

三人でしばらく行くと、寂れたお堂があるのを見つけた。
今夜はここに泊まることにし、夫は焚き木を探そうと妻と女をお堂に残して出かけた。

お堂から少し離れた場所で夫が焚き木を拾っていると、突然妻の叫び声が響き渡った。

続きを読む

規制解除のうちに書く。
つい先日の話。

飲み会の帰り道、ほろ酔い気分で駅から歩いてた。
大体1時前くらいかな。
夜も遅かったし、近道しようと思って裏通りに入った。
何てこたない住宅街だ。

まだ部屋の灯りが点いてる家もぽつぽつあった。
その灯りと街灯を頼りに歩いてら、とあるマンションの前に何か立ってた。
遠目からだけど人のシルエットっぽい。

続きを読む

祖父から聞いた一番印象に残った怖い話。

第二次世界大戦の戦時中から戦後にかけてが青春だった祖父は、生まれつき足の向きがおかしくて、歩けはすれどよほどまともな運動は出来なかった。
徴兵は免れて広島県で家族に養ってもらいながらなんとか生き延びていたそう。

戦争が終わったけど祖父達のいた広島は、原爆の影響もあって本当に地獄だったらしい。
余程戦中だった頃のほうが生活面も安全面もまともなほど荒れていたみたい。

場所がよかったようで、被爆を逃れていた祖父は破壊された電線の銅などを集めて生活を安定させていったらしい。

続きを読む

爺さんから聞いた戦時中の話をひとつ。

うちの爺さんはパイロットだったらしいんだけど、2回ほど墜落してるのね。
その2回目の事なんだけどさ。

その時は空戦中で翼をズタボロに撃ち抜かれて制御不能な状態になったんらしいんだよ。
機体も大きく傾いて、これはヤバい角度で地面に叩き付けられるって感じで流石に死を覚悟したらしい。

続きを読む

小3の次女は赤ん坊の頃から宙を見ながらボーッとしてる時がかなりの頻度であるんだがつい先日謎が解けた。
結論としては得体の知れないもんが見えてる。

先日そろそろ家を買おうと建売か中古をと家族で見に行った。

事前に調べてた内の本命が価格的にも内容的にも周辺環境としても理想の一件で具体的に話をしようと思ったら次女が「ここ絶対やだ」と言い出し学校変わるのが嫌なのかな?と思い妻に連れ出してもらって俺は不動産屋と詳細打ち合わせ。

まだ銀行のローン審査も有るし嫁とも最終相談が必要だからまだ買うと決めたわけじゃない
あとで次女とゆっくり話そうと家に帰る。

続きを読む

↑このページのトップヘ