怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 心霊・幽霊系

金縛りに遭った。
俺は見えない体質だが、そのときはイメージが入ってきた感じ。
ワンピースを着た若い(けどJKよりは上っぽい)ねーちゃんに鼻を舐められた。
気になったんで、ビデオ通話で見える知り合いに見てもらったんよ。

見える知り合い:「・・・いつも思うんだけどさぁ・・・後ろになんかいるよねぇ」

心臓を掴まれた気分になった。

見える知り合い:「ほら、左肩・・・あ、頭の上いった」

???となっていると相手が「にゃ~ん」って言ってる。
しばらくして俺の問いに答えた。

続きを読む

最近ふといつからこういうオカルトな事起こるようになったんだ?って祖母に聞いたら、20年以上前で、今とは比べ物にならないほどオカルト現象がひどくて有名な霊媒師?に電話相談みたいなのしたらしい。
したら電話越しなのにその霊媒師、俺の実家の間取りをスラスラ言い当て始めたらしい。

霊媒師:「あなたの家の長い廊下の奥に広い座敷の間があり、そこに大きな鏡がありますね。そこの鏡の床下に【大きな石】と【血の付いた刀の柄】があるので、それを取り除きなさい。」

続きを読む

不謹慎と言われるかも知れないけど、実体験。
東北大震災が起きた年の夏、大学一回生だった自分が友人と2人でボランティアのツアーに参加した時の話。

宮城県は雄鹿半島での瓦礫撤去の作業だったんだけど、現地に着いてみるとそこはもろに津波の被害を受けた場所だった。
建物は流されてもう無いか、何十年も経った廃墟のような状態か、という感じ。

同様に廃墟と化した公民館が自分たちの宿泊場所だった。
到着するなり、「まずは見てください」と住民が撮影した津波の映像を見せて頂いた。

続きを読む

私が小学生の頃の話。
当時小学5年生の私は学校で作文のコンクールに提出する作文の練習を居残りでしていました。
当時は両親も共働きで帰りが遅いので母が迎えに来るのを待っていました。

時間は大体夕方18時頃だったと思います。
時期は秋の終わりくらいで田舎の小学校なので回りは山しかなく、灯りが唯一あったのは校門近くのブランコの側にある外灯のみでした。

その日は教室で作文の練習をして、学校が閉まるからそのまま外のブランコで一人遊びながら母親の迎えを待っていました。

続きを読む

3歳の時の話。

海で遊んでたら何故か万歳して浮き輪からスポーンと抜けて溺れた。
父親と遊んでたらしいんだけど、父親はテトラポットのカニに夢中で溺れてるのに気が付かなかったらしい。

その時の不思議な体験で海の中で息ができた。
しかも泳いだ?記憶がある。

もちろん3歳児で泳ぎが出来る天才児でもなんでもないので、多分もがいてただけ。
海の中を見てた記憶はあるのに、苦しかったり慌てた記憶はない。

続きを読む

↑このページのトップヘ