怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 心霊・幽霊系

私の祖父は三人の奥さんを娶っていた。
二人とも死別ののち、嫁いできた人が私の祖母。

二人目の奥さんはサザエさんと野村光代を足して二で割って、少しマイルドにしたような人。
私の祖母も少し南方系な。
まあ濃ゆい顔なのだけれど、特に美人というわけではない。

続きを読む

学生時代は毎日毎日遊ぶ暇がないほど勉強をし、まるで心を閉ざした人間でした。

テスト前の日。
ずっと勉強して朝方になった頃。
父の書斎へ辞書を取りへ行き本棚から辞書を取って・・・女性を見てしまいました。
窓の向こう側に女・・・。
ガリガリの女性がへばり付いてるのが見えてしまった。

「なんだコイツ・・・」

口を大きく開けて窓からは見えない所へ逃げたが、急に目の前が真っ暗になった。

自殺。
したくなった。

続きを読む

父が見た幽霊話。

小さい時に親族15人くらい集まってバスを借りて旅行に行ってた。

大きな湖の近くにテントを張ってBBQ。
運悪く途中で大雨になってしまい、さすがにテントの中でも寝れそうにないくらいの酷い土砂降りだったので、バスで寝ることになったんだけど、大人はお酒も入っていてバスの前方で宴会。

最終的に父と叔父だけが起きて二人で飲んでいたら、外から車体を何度もコツコツと叩く音が・・・。

続きを読む

突然で申し訳ないんだけど、誰か「やつし」君っていう怪談?だか都市伝説?だか知っている人はいないかな?
もしも知っていたら教えてほしいんだけど・・・。

5日前の話。
九州に旅行に行ってたんだ。
バイトの金が貯まったから軽装で一人。
昼間に飯を食いに行ったところの周辺の雰囲気がすごく好みだった。
少し山を登ったところにあるけど、道の両脇が小さい林になってて、空気がうまかったんだよね。

正直することもない気楽な一人旅だし、暗くなる前にもっかい行くかーって宿に荷物おいてまたその道を登って行ったんだよ。

続きを読む

私の父がまだ若かったころの話。

私の父は釣りが好きで、昔はよく夜釣りに出かけていた。
その日の夜もとある波止場で釣りをしていたら、ふと遠くの方で人が歩く音がした。

瀬戸内海の波は静かで、夜だと街からの音も遠くに車が走る音がするだけで、意外と周りの音はよく聞こえるんだよね。

微かな街の灯りと波止場の頼りなさげな街頭だけでは誰がどこに居るのかまでは分からず。
だが自分と同じように夜釣りに来た人だろうと気にする事もなく釣りに戻った。

続きを読む

↑このページのトップヘ